wimax2互換性

ジェイ・コミュニケーションのキャッシュバックがより貰いやすく

WiMAX2+とWiMAXの互換性はある?

読了までの目安時間:約 6分

WiMAX2+とWiMAXの互換性はある?

これからはWiMAX2+が主流に!?

現在、WiMAX2+に対応したWiMAX端末は3台発売されています。
それに伴い、従来のWiMAX専用端末の取り扱いは減っています。
つまり、WiMAXに変わり、WiMAX2+が主流になりつつあります。

そんな中、WiMAX端末の在庫処分なのかどうかは分かりませんが、WiMAX専用プランを格安で取り扱い始めているプロバイダーも出て来ています。
WiMAX2+が主流になりつつある現在ではありますが、WiMAXの契約を行った場合、どうなるのでしょうか?

実は、WiMAX2+とWiMAXはその仕組みが似ていますが、互換性はありません。
ですから、WiMAX専用プランで契約を行った場合、WiMAX2+を使用する事は出来ません。
あくまでも、WiMAXのみを使用する為のプランなのです。

WiMAX2+を使用したい方は、WiMAX2+用のプランで契約を行い、WiMAX2+対応のWiMAX端末を使用する必要があります。
一方で、WiMAX2+用のプランで契約を行った場合は、WiMAXも使用する事が出来ます。

また、公式発表ではありませんが、一部の噂では、WiMAXは2018年には使用出来無くなると言われています。
そうなると、WiMAX専用端末が使用出来るのは、それまでと言う事になりますが・・・。

とどのつまり、光回線並みの高速通信でインターネットを行いたいと言う方は、WiMAX2+用のプランでWiMAXの契約を行った方が良いです。
一方、ADSLの通信速度で十分な方や、1年間は様子見をしたいと言う方は、WiMAX専用プランで契約を行うのも良いでしょう。

ただし、プロバイダーによっては、キャンペーンの適用は一度きりの場合があります。
WiMAXのキャンペーンよりもWiMAX2+のキャンペーンの方が、キャンペーン内容が豪華な場合が多いです。
そう言った意味では、WiMAXの方でキャンペーンを使用してしまうのは勿体無い気もしますが・・・。

↓WiMAX2+のキャンペーン内容はこちら↓
GMOとくとくBB WiMAX2+

WiMAX2+はWiMAXの上位互換性のある回線!?

WiMAX2+用のプランでWiMAXの契約を行うと、WiMAXとWiMAX2+の両方が使用出来るとご紹介しました。
単純に、WiMAX2+がWiMAXの上位互換に当たる回線なのだとしたら、わざわざWiMAXに対応させる必要はありません。
ですが、こうしてわざわざ対応しているのには、きちんとした理由があります。

現在、日本全国に存在しているWiMAXの基地局は、全てWiMAXに対応しています。
一方、WiMAX2+の方はと言うと、現在、急ピッチでWiMAX2+への対応化が進んではいますが、全てのWiMAXの基地局がWiMAX2+に対応している訳ではありません。
つまり、WiMAXの対応エリアと比べると、WiMAX2+の対応エリアは狭いと言う事になります。

また、WiMAXには速度制限がありませんが、WiMAX2+の方は、場合によっては速度制限がかかってしまいます。

ですから、通信速度が速いからと言って、単純にWiMAX2+がWiMAXの上位互換だとは言えない訳です。
そう言った事もあり、現在のWiMAX端末は、WiMAXとWiMAX2+の両方の回線を使用出来る仕組みになっています。

WiMAX2+で速度制限がかけられてしまうきっかけとは?

前述した通り、WiMAXには速度制限がありませんが、WiMAX2+には速度制限があります。
WiMAX2+に速度制限がかかってしまうキッカケは、全部で2つです。

1つ目が、WiMAX2+とau 4G LTEの合計通信量が、7GBを超えてしまった場合です。
この速度制限は1ヶ月くくりで実施され、かけられてしまった速度制限は、月末まで続いてしまいます。

この速度制限は、契約月を含む25ヶ月間は、WiMAX2+の分の通信量が計算から外されます。
ですから、実質、au 4G LTEの通信量だけを気にすれば良いです。

2つ目が、WiMAX2+とau 4G LTEの合計通信量が、3日間で1GBを超えてしまった場合です。
この速度制限は、翌日のWiMAX2+の回線状況が混み合っている場合に限り、終日まで適用されます。

繰り返しにはなりますが、現在のWiMAX端末は、WiMAXにも対応しています。
ですから、WiMAX2+で速度制限がかかってしまった場合でも、WiMAXに切り替える事で、快適な通信速度のインターネットが楽しめます。

速度制限に関する詳細情報や、また、WiMAX2+の料金プランに関しては、公式サイトでご覧下さい。

↓WiMAXの公式サイトはこちら↓
GMOとくとくBB WiMAX2+

※追記
2015年7月現在、WiMAX 2+は3日間で3GB以上の通信を行うと、翌日、速度制限の対象となる事があります。(回線混雑時に適用)
詳しくは、公式サイトにてご確認下さい。

※当サイトでご紹介している情報の中には、毎月、大幅に内容が変更されるものもございます。その関係上、記事の情報の正確性は保証出来かねます。正確性の高い情報に関しましては、最新記事をご覧頂くか、公式サイトにてご確認下さい。

この記事に関連する記事一覧

WiMAXお勧めのプロバイダーベスト3

GMOとくとくBB WiMAX 2+

GMOとくとくBB WiMAX 2+GMOとくとくBB WiMAX

クレードルセットで高額キャッシュバック!

GMOとくとくBB WiMAX 2+は、圧倒的に高額なキャッシュバックが貰えるプロバイダーです!
WiMAX端末のクレードルセットが貰えるプロバイダーの中で、最もキャッシュバックの金額が高いプロバイダーです。

UQ WiMAX

UQ WiMAX

サポート体制も安心のUQ WiMAXで!

WiMAX回線を管理するUQコミュニケーションズが運用している、UQ WiMAX。
トラブル時のお問い合せサポート体制が、最もしっかりしています。
安心感で選ぶなら、UQ WiMAXが一番です。

RaCoupon WiMAX 2+

RaCoupon WiMAX

月額料金が圧倒的に安いのはRaCoupon WiMAX 2+!

RaCoupon WiMAX 2+は、月額料金が圧倒的に安いプロバイダーです。
最も少ない通信費でWiMAXサービスを利用したい方にとって、お勧めのプロバイダーと言えます。


GMOとくとくBB WiMAX 2+

安心・安定のUQ WiMAX

UQ WiMAX

いらっしゃいませ
新着記事
カテゴリー
SNSボタン
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
RSSを購読

RSS Feed RSS - 投稿

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

4人の購読者に加わりましょう

注意事項

※日付の古い記事に関しては、現状と内容が異なる場合があります。必ず、公式サイトにて現状をご確認下さい。

UQ WiMAX