wimax 光 乗り換え

ジェイ・コミュニケーションのキャッシュバックがより貰いやすく

WiMAXへ光から乗り換える際のメリットとデメリットは?

読了までの目安時間:約 12分

WiMAXへ光から乗り換える際のメリットとデメリットは?

WiMAXは光回線の代わりになり得る!?

WiMAXと言えば、従来のブロードバンドとは異なる、モバイルルーターと言う規格の中の一つです。
WiMAXの端末は持ち運びが出来るので、好きな場所でインターネットを楽しむ事が出来ます。

また、WiMAXはモバイルルーターの中でも、唯一、速度制限がありません。
ですから、WiMAXは従来のブロードバンドに置き換える事の出来る、ただ一つのモバイルルーターと言う位置付けになっています。
実質、WiMAXは通信し放題の完全定額制です。

更に、WiMAX端末は光回線に匹敵する通信速度を持つWiMAX2+にも対応するようになりました。

今まで、WiMAX2+は都市部でしか繋がらないと言われて来ました。
ところが、WiMAX2+への対応はWiMAXの基地局に手を加えるだけですから、WiMAX2+に対応したエリアは、急速な早さで広がっています。
その結果、現在、日本全国の市街地でも、WiMAX2+が繋がるようになっています。

携帯性に優れているWiMAXは、光回線やADSLなどのブロードバンド特有のデメリットがありません。

契約した建物内でしか使用出来無いと言う最大のデメリットが無い事は勿論の事、回線工事の必要がありません。
大家に連絡して、回線工事の許可を貰う。
工事日を決め、その日は会社を休んで工事に立ち会う・・・そう言った手間が、一切必要無くなります。

また、回線工事は、実は無料ではありません。
光回線の月額料金に、工事費がしっかりと上乗せされています。

そればかりか、プロバイダー料金やNTTへの回線使用料、そして、モデムや無線LANカードなどの備品のレンタル料金が、毎月しっかりと上乗せされます。
更に、有料オプションなどの月額料金が上乗せされる事もあるでしょう。

ですから、光回線の場合、最初に店頭で説明を受けた料金と、実際に請求されて来た料金が違った・・・などと言うトラブルも少なくないです。

では、WiMAXの場合はどうなのでしょうか?
WiMAXの場合、回線工事は不要ですし、そもそもが電話回線を使用しませんから、NTTへ支払う回線使用料も必要ありません。
また、WiMAX端末が全ての機能を担いますから、モデムなどのレンタル品も必要ありません。

ただし、WiMAX端末にauの4G LTE回線を使用する機能がある形式上、ICカードのレンタルが必須になります。
とは言え、ICカードのレンタル料金は取られません。

ですから、WiMAXならば、事前に説明を受けた料金以上の費用を請求される事はありません。
強いて言えば、上乗せされるのはユニバーサル料の3円だけです。
また、初回に登録料の3,000円がかかるものの、一度きりの請求です。

パソコンやタブレットのインターネット料金とスマートフォンや携帯電話のパケット料金を、WiMAXを通して一括で支払う。
WiMAXの月額料金は完全定額制ですから、どれだけ通信を行おうと、月額3,696円しか取られません。

これだけメリットが沢山ありますので、WiMAXが光回線の代わりになると言う表現は、少々、WiMAXに対して失礼かもしれません。
むしろ、光回線よりもWiMAXの方が、遥かに利便性と通信費の節約に優れていると言えるでしょう。

実際、光回線からWiMAXへの乗り換え現象は起きています。
それに対抗して、光回線の価格設定は全体的に安くなりつつありますが、利便性の悪さは、どうやっても払拭出来るものではありません。

それでも、あなたは光回線を使用し続けますか?
それとも、WiMAXを検討してみますか?

↓WiMAXに関する詳細情報はこちらから↓
UQ WiMAX

WiMAXの通信速度は光回線よりも遅い?

光回線からWiMAXへ乗り換えると、通信速度が落ちるのではないかと言う心配があると思います。
また、無線と言う通信規格上、通信状態が安定しないのではないかと言う不安もあるでしょう。

実際、ブロードバンドサービスを解約する際は、プロバイダーのオペレーターの方から、「WiMAXは強風などの天候に左右されやすい。」などと言った風に不安感を煽られたりします。

ですが、事実は全く異なります。
今年は、台風18号や台風19号などと言った、大型台風が立て続けにやって来ました。

ところが、僕のWiMAXの通信状態はと言うと、一度も通信障害が起きませんでした。
通信速度が落ちる事も無く、強風による悪影響は皆無でした。
どこが出処のデマなのかは分かりませんが、WiMAXが強風の影響を受ける事はありません。

そして、肝心のWiMAXの通信速度ですが、光回線の通信速度が理論値100Mbpsなのに対して、WiMAX2+の理論値は110Mbpsです。
ですから、光回線とWiMAX2+の通信速度はほぼ同じと言って良いです。
実際、私は光回線の繋がっている場所でもインターネットをする事があるのですが、使用感は全く変わりません。

それどころか、インターネットを楽しむ場合は5Mbpsも通信速度が出ていれば十分なのですから、ADSL並みの通信速度のWiMAXですら、十分な通信速度を満たしている訳です。
WiMAX端末は、自動的にWiMAXとWiMAX2+との通信を切り替える事があるのですが、正直、使用していても、切り替わった事に気付きません。
通信速度の違いなんて、実は、その程度の違いなんです。

店頭で勧められて光回線の契約を行う方が多いですが、実際は、光回線ほどの通信速度など、一般人には必要無いんですよね。
光回線やWiMAX2+では無くとも、WiMAXでも普通に動画も見れますし。

光回線の解約の際には、解約違約金に要注意!

光回線を解約する際は、解約違約金について確認する必要があります。
WiMAXも含め、通信サービスは自由に解約が出来ないような料金プランを組んでいる事が多いです。

その代わりに、月額料金の割引きを行うと言う方式になっています。
いわゆる、アメとムチですね。

ですから、大抵の場合、通信サービスを解約すると、解約違約金がかかります。

解約違約金を支払わずに解約手続きが行えるのは、2・3年のうち、わずか1ヶ月しか無い事が多いです。
ですから、契約更新月について注意を払っている方ではない限り、解約違約金はかかるものだと割り切るしかありません。

解約手続きには日数がかかる!?

光回線の解約手続きには、それなりに日数がかかります。
月の初めに解約を申し込んだのに、実際に手続きが進んで回線が切れたのは月末だった・・・などと言う事は、普通にあります。
電話一本で解約・・・とはさせてくれませんので、くれぐれも気を付けましょう。

また、光回線の利用料金は日割り計算されず、月締め払いです。
もし、解約手続きが月をまたいでしまった場合、月額料金は1ヶ月分余分に請求されてしまいます。
これは、僕の失敗談ですが・・・。

一度も通信を行っていなくても、月額料金はきっちりと請求されます。
ですから、月の初めには解約手続きを行いたいものです。

レンタルしていた備品の返却はあなたが負担!?

光回線の解約の際は、モデムや無線LANカードなどのレンタル品を返却しなければなりません。
その際の運送費は、こちらが支払わなくてはなりません。

また、レンタル品に破損部分があると、更に、弁償までしなければならなくなります。

レンタルと言う方式を取っている以上、逃れる事の出来無いデメリットです。

WiMAXへの乗り換えによるデメリットは?

光回線からWiMAXへ乗り換える際の最大のデメリットは、ひかり電話などの電話サービスが無いと言う点です。
なぜならば、WiMAXは電話回線を使用していないからです。

どうしても電話サービスやFAXサービスが必要な方は、別途、IP電話サービスインターネットFAXサービスを契約する必要が出て来ます。

これらのサービスを利用する場合、持ち運びが出来るWiMAXの仕様上、利便性はかなり高くなりますが、費用も割高になります。
ですから、これらサービスが必要な方は、きちんと検討してから決める必要があります。

↓IP電話サービスの詳細情報はこちら↓
050 plus

↓インターネットFAXサービスの詳細情報はこちら↓
BizFAX ストレージ&リモート

携帯電話やスマートフォンがあるので必要無いと言うのであれば、これらの心配はしなくても良いでしょう。

光回線からWiMAXへ乗り換える際、電話に関する問題以外は、基本的に心配ありません。
WiMAXに興味を持った方は、WiMAXの公式サイトにて、詳細情報をご確認下さい。

↓WiMAXに関する詳細情報はこちらから↓
UQ WiMAX

※追記
2015年7月現在、WiMAX 2+は3日間で3GB以上の通信を行うと、翌日、速度制限の対象となる事があります。(回線混雑時に適用)
詳しくは、公式サイトにてご確認下さい。

※当サイトでご紹介している情報の中には、毎月、大幅に内容が変更されるものもございます。その関係上、記事の情報の正確性は保証出来かねます。正確性の高い情報に関しましては、最新記事をご覧頂くか、公式サイトにてご確認下さい。

この記事に関連する記事一覧

WiMAXお勧めのプロバイダーベスト3

GMOとくとくBB WiMAX 2+

GMOとくとくBB WiMAX 2+GMOとくとくBB WiMAX

クレードルセットで高額キャッシュバック!

GMOとくとくBB WiMAX 2+は、圧倒的に高額なキャッシュバックが貰えるプロバイダーです!
WiMAX端末のクレードルセットが貰えるプロバイダーの中で、最もキャッシュバックの金額が高いプロバイダーです。

UQ WiMAX

UQ WiMAX

サポート体制も安心のUQ WiMAXで!

WiMAX回線を管理するUQコミュニケーションズが運用している、UQ WiMAX。
トラブル時のお問い合せサポート体制が、最もしっかりしています。
安心感で選ぶなら、UQ WiMAXが一番です。

RaCoupon WiMAX 2+

RaCoupon WiMAX

月額料金が圧倒的に安いのはRaCoupon WiMAX 2+!

RaCoupon WiMAX 2+は、月額料金が圧倒的に安いプロバイダーです。
最も少ない通信費でWiMAXサービスを利用したい方にとって、お勧めのプロバイダーと言えます。


GMOとくとくBB WiMAX 2+

安心・安定のUQ WiMAX

UQ WiMAX

いらっしゃいませ
新着記事
カテゴリー
SNSボタン
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
RSSを購読

RSS Feed RSS - 投稿

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

4人の購読者に加わりましょう

注意事項

※日付の古い記事に関しては、現状と内容が異なる場合があります。必ず、公式サイトにて現状をご確認下さい。

UQ WiMAX