wimax 屋内

ジェイ・コミュニケーションのキャッシュバックがより貰いやすく

WiMAX回線は屋内使用に向いていない!?

読了までの目安時間:約 9分

WiMAX回線は屋内使用に向いていない!?

これから、ますます人気の出るWiMAX

既存の固定電話回線や携帯電話回線とは異なる、新しいインターネット回線。
それが、WiMAXです。

WiMAXを導入すると、色々なメリットがあります。

    WiMAXを導入する事によるメリット
  • 出先でインターネットが出来る。
  • 速度制限が無いので、インターネットを使いたい放題!
  • 月額使用料金が安い!
  • LANケーブルが不要で、スッキリする。

こう言った点から、今、WiMAXの人気が上がって来ています。
更に、8月1日には新しいWiMAX端末となるHWD15が発売されると言う事で、これからますます、WiMAXの導入を検討する方が増えて来る事でしょう。

HWD15は、「ノーリミットモード」「ハイスピードモード」「ハイスピードプラスエリアモード」の3種類の通信モード対応で、なおかつ、WiMAXハイパワーにも対応した、良いとこ取りのWiMAX端末です。
実は、僕もHWD15が欲しくて、昨日、WiMAX 2+の契約を行いました。

WiMAXの導入を踏み留まらせる要因

WiMAX 2+の契約は2年縛りです。

いざ、WiMAX 2+の契約を行ったは良いけど、実際にWiMAX端末を使用すると、自宅ではWiMAXの電波が全然入らなかった・・・。
そのような状態に陥った場合は大変です。

2年を経過していない契約の解除には、高額な解除料が発生してしまいます。
解除料を支払って契約を解除するか、WiMAXの電波を受信出来ない状態で月額料金を支払い続けるのか・・・。

こう言った恐れがあるので、便利だと分かっているWiMAXでも、その契約には慎重にならざるを得ないのです。

あなたの行動範囲のWiMAXの受信状況は?

そこで、UQコミュニケーションズでは、エリア毎のWiMAXの受信状況を公表しています。

上記エリアマップを確認する事で、おおよそのWiMAXの電波状況を確認する事が出来ます。
その際、「ピンポイントエリア判定」を使用すると便利です。

「○」「△」「×」で、指定したエリアのWiMAXの受信状況を確認する事が出来ます。

「△」でもWiMAXを受信出来るとの口コミもありますので、目安としては、判定結果が「△」以上である事が望ましいです。
出来るならば、「○」の方が安心です。

WiMAXの電波の特徴

WiMAXの回線速度はADSLに匹敵するものがあります。
ですから、外出用にも、ホームルーターとしても、WiMAX一つで解決・・・のようなイメージを持つユーザーも少なくないです。
とは言うものの、実は、WiMAXの電波は屋内使用に向いていない特徴を持っています。

WiMAXの帯域は高周波数を使用しています。
高周波数の電波は真っ直ぐに進む性質を持っていますので、速い通信速度を実現する事が出来ます。
その反面、障害物に弱く、奥まったところにまで電波が届きにくいのです。

その一方で、WiMAXのライバルであるEMOBILEの場合、低周波数を採用しています。
低周波数の電波は揺らぎ幅が大きく、高周波数ほど速くはありません。
ですが、障害物があっても、そのまま回り込んだり貫通したりするので、奥まったところにまで電波が届きます。

こう言った違いがあるので、EMOBILEと比べて、WiMAXは屋内での使用が苦手だと言われています。

WiMAXが屋内使用に向いていないとは言えども・・・

以前、「Try WiMAXでWiMAXを無料お試し出来るって知ってます?」と言う記事でご紹介した通り、僕はTry Wimaxに登録し、実際にWiMAXを使用しました。
室内では電波が3~4程度(WiMAXの目盛りは5が最大)しか入らなかったものの、実際にインターネットをする上で、通信速度の問題は全く感じられませんでした。

インターネットに接続する自動ツールを3つ回しながら1時間の動画を観ましたが、一度も動画は止まりませんでした。
勿論、WiMAX端末は室内に設置した状態でです。

・・・ですから、WiMAXの電波が屋内には不向きと言っても、過度に不安がる必要はありません。

インターネット上には、「WiMAXは繋がらない」だとか、「WiMAXの通信は遅い」だと言った書き込みがいくつか見られますが、記事の日付を確認してみると、古いものである事が多いです。
その頃と比べれば、WiMAXの基地局はどんどん増築されています。

ですから、WiMAXは日を追う毎に、どんどん繋がりやすくなっているのです。

屋内使用と言えども、WiMAXの基地局から遠く離れていなければ、WiMAXの電波はきちんと屋内まで届きます。
ですから、「WiMAXは屋内では使用出来無いのでは?」と不安がらなくても良いです。

まずは、上記「ピンポイントエリア判定」での電波状況を確認してみて下さい。

契約後、電波状況が悪い場合

WiMAXの契約後、万が一電波状況が悪いと言う方は、WiMAX端末の設置場所を変更してみましょう。
同じ建物内でも、WiMAX端末の設置場所によって、WiMAXの受信状況は異なります。

部屋の中の奥まった場所よりも、窓際の方が受信状況が良いです。
WiMAX基地局の方角にもよりますが、窓の外に高い建物や山などと言った、障害物が無い場所が望ましいです。

それでも受信状況が心もとない場合は、自作でパラボラアンテナを作ると言う裏ワザもあります。
パラボラアンテナとは言っても、金属製のボウルを100円ショップで購入して来るだけです。

この点に関しては、GMOが面白い実験動画を公開していますので、ご参考までにどうぞ。

※追記
2015年7月現在、WiMAX 2+は3日間で3GB以上の通信を行うと、翌日、速度制限の対象となる事があります。(回線混雑時に適用)
詳しくは、公式サイトにてご確認下さい。

※当サイトでご紹介している情報の中には、毎月、大幅に内容が変更されるものもございます。その関係上、記事の情報の正確性は保証出来かねます。正確性の高い情報に関しましては、最新記事をご覧頂くか、公式サイトにてご確認下さい。

この記事に関連する記事一覧

WiMAXお勧めのプロバイダーベスト3

GMOとくとくBB WiMAX 2+

GMOとくとくBB WiMAX 2+GMOとくとくBB WiMAX

クレードルセットで高額キャッシュバック!

GMOとくとくBB WiMAX 2+は、圧倒的に高額なキャッシュバックが貰えるプロバイダーです!
WiMAX端末のクレードルセットが貰えるプロバイダーの中で、最もキャッシュバックの金額が高いプロバイダーです。

UQ WiMAX

UQ WiMAX

サポート体制も安心のUQ WiMAXで!

WiMAX回線を管理するUQコミュニケーションズが運用している、UQ WiMAX。
トラブル時のお問い合せサポート体制が、最もしっかりしています。
安心感で選ぶなら、UQ WiMAXが一番です。

RaCoupon WiMAX 2+

RaCoupon WiMAX

月額料金が圧倒的に安いのはRaCoupon WiMAX 2+!

RaCoupon WiMAX 2+は、月額料金が圧倒的に安いプロバイダーです。
最も少ない通信費でWiMAXサービスを利用したい方にとって、お勧めのプロバイダーと言えます。


GMOとくとくBB WiMAX 2+

安心・安定のUQ WiMAX

UQ WiMAX

いらっしゃいませ
新着記事
カテゴリー
SNSボタン
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
RSSを購読

RSS Feed RSS - 投稿

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

4人の購読者に加わりましょう

注意事項

※日付の古い記事に関しては、現状と内容が異なる場合があります。必ず、公式サイトにて現状をご確認下さい。

UQ WiMAX