wimax ホームルーター 比較

ジェイ・コミュニケーションのキャッシュバックがより貰いやすく

WiMAX2+対応ホームルーターを比較解説

読了までの目安時間:約 8分

WiMAX2+対応ホームルーターを比較解説

WiMAX端末がホームルーターに!?

WiMAX端末の中には、クレードルと言う充電台に対応している端末があります。
WiMAX端末をクレードルにセットすると通電状態が維持される為、ホームルーターとして機能します。

今のWiMAX端末はバッテリーを内蔵していますから、停電時でも通信が途絶える事はありません。
ですから、通常のホームルーターより、性能が良いと言えるかもしれません。

現時点で、WiMAX2+とクレードルに対応しているWiMAX端末は2種類です。
Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD15Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11です。

それぞれの特徴は以下の通りです。

HWD15とNAD11の特徴
機能 HWD15 NAD11
WiMAXハイパワー
クレードル
有線通信
au 4G LTE ×
IEEE802.11ac/5GHz帯 ×
WiMAX2+連続通信時間 10時間50分 7時間
WiMAX連続通信時間 9時間40分 10時間30分
レッド/ホワイト ブラック/ホワイト

お気に入りのWiMAX端末が見付かったら、UQ WiMAXの公式サイトにて、販売価格をご確認下さい。

↓UQ WiMAXの公式サイトはこちら↓
UQ WiMAX

Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD15の特徴

2014年8月1日に発売されたWi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD15
現時点では最新のWiMAX端末で、WiMAX2+に初めて対応したWi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14の後継機に当たります。

Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11との大きな違いは、au 4G LTEに対応していると言う点です。
au 4G LTEとは、auのLTE回線を使った通信方式の事です。

WiMAXの基地局が近くに無くても、auの基地局を使って通信を行う事が出来ます。
また、LTEの電波はプラチナバンドと呼ばれる800MHz帯を使用しています。
ですから、屋内の奥まった部屋の中にいても、電波が届きやすいと言う特徴を持っています。

一方、WiMAXは高周波数帯を使用している為、屋内使用は得意ではありません。

ですから、WiMAXが繋がりにくいと言った場合に、au 4G LTEが役に立ちます。

ちなみに、au 4G LTEの通信速度は、WiMAXとWiMAX2+の中間ほどです。
ですから、通信速度はまずまずと言ったところです。

ただし、au 4G LTEはauの通信網を使用する為、使用した月は、別途1,005円の月額利用料金が請求されます。

Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11の特徴

Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11は、現時点で唯一のWiMAX2+に対応した国産機です。
安心のNEC製で、厚みが8.2mmしか無いと言う特徴を持っています。

Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD15との大きな違いは、IEEE802.11ac/5GHz帯に対応していると言う点です。
これは何かと言うと、最新のWi-Fi通信規格の事です。

一度に大容量の通信が可能な為、通信速度が速いと言う特徴を持っています。
従来の11nと比べると、11acは11.5倍もの通信速度の違いがあります。
ですから、複数台のパソコンでそれぞれ高画質の動画を観ても、全体の通信速度が重くなりにくいです。

また、通信範囲も広いので、家の隅々にまで電波が届きやすいと言う特徴を持っています。
ですから、3階建ての家に住んでいる方などにも安心です。

IEEE802.11ac/5GHz帯の使用は、電波法で屋内使用に限定されています。
ですから、Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11を屋外で使用時には、通信設定を切り替えましょう。

HWD15とNAD11のどっちが良い?

Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD15Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11の特徴について比較して来ました。

au 4G LTEについてですが、別途利用料金が発生すると言う事で、結局は使用しないと言う方もいます。

そう言う方の場合、Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11の方を選ぶ方が良いかもしれません。

IEEE802.11ac/5GHz帯の通信に関してですが、どのみち、クレードルとパソコンをLANケーブルで繋いで使用すると言う方の場合は、あまり関係ありません。

そう言う方の場合、Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD15を選ぶのも良いでしょう。
ちなみに、Wi-Fiを使用するよりもLANケーブルを使用した方が、通信時のパフォーマンスは良いです。

その他の機能の部分に関しては、Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD15とWi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11とでは、大きな違いはありません。
ですから、今回は説明を割愛したいと思います。

詳しくお知りになりたい方は、UQ WiMAXの公式サイトにてご確認下さい。

↓UQ WiMAXの公式サイトはこちら↓
UQ WiMAX

※追記
2015年7月現在、WiMAX 2+は3日間で3GB以上の通信を行うと、翌日、速度制限の対象となる事があります。(回線混雑時に適用)
詳しくは、公式サイトにてご確認下さい。

※当サイトでご紹介している情報の中には、毎月、大幅に内容が変更されるものもございます。その関係上、記事の情報の正確性は保証出来かねます。正確性の高い情報に関しましては、最新記事をご覧頂くか、公式サイトにてご確認下さい。

この記事に関連する記事一覧

WiMAXお勧めのプロバイダーベスト3

GMOとくとくBB WiMAX 2+

GMOとくとくBB WiMAX 2+GMOとくとくBB WiMAX

クレードルセットで高額キャッシュバック!

GMOとくとくBB WiMAX 2+は、圧倒的に高額なキャッシュバックが貰えるプロバイダーです!
WiMAX端末のクレードルセットが貰えるプロバイダーの中で、最もキャッシュバックの金額が高いプロバイダーです。

UQ WiMAX

UQ WiMAX

サポート体制も安心のUQ WiMAXで!

WiMAX回線を管理するUQコミュニケーションズが運用している、UQ WiMAX。
トラブル時のお問い合せサポート体制が、最もしっかりしています。
安心感で選ぶなら、UQ WiMAXが一番です。

RaCoupon WiMAX 2+

RaCoupon WiMAX

月額料金が圧倒的に安いのはRaCoupon WiMAX 2+!

RaCoupon WiMAX 2+は、月額料金が圧倒的に安いプロバイダーです。
最も少ない通信費でWiMAXサービスを利用したい方にとって、お勧めのプロバイダーと言えます。


GMOとくとくBB WiMAX 2+

安心・安定のUQ WiMAX

UQ WiMAX

いらっしゃいませ
新着記事
カテゴリー
SNSボタン
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
RSSを購読

RSS Feed RSS - 投稿

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

4人の購読者に加わりましょう

注意事項

※日付の古い記事に関しては、現状と内容が異なる場合があります。必ず、公式サイトにて現状をご確認下さい。

UQ WiMAX