wimax 自宅 ルーター

ジェイ・コミュニケーションのキャッシュバックがより貰いやすく

WiMAXは自宅用ルーターとしても使用可能?

読了までの目安時間:約 16分

WiMAXは自宅用ルーターとしても使用可能?

WiMAXを自宅用ルーターにするには頼りない!?

無線でインターネットに接続する事が出来るWiMAX
WiMAXと言うと、外出用のインターネット回線と言うイメージがあります。
では、WiMAXは自宅用ルーターとして使用出来無いのでしょうか?

WiMAXと言うと、無線と言う性質上、通信が不安定なイメージが付き物です。
ですから、自宅では安定している固定回線(光ファイバーやADSL等)でインターネットを行い、外出先でインターネットをする必要がある際に、WiMAXを使用する・・・そんなイメージを持っている方もいるでしょう。

ですが、そのような通信費の二重払い等せずとも、WiMAXの通信は安定して来ています。
これは、WiMAXの基地局の数が年々増えている事と、WiMAX端末の受信性能が上がって来ている事が大きいでしょう。

実際、僕もADSLを解約し、WiMAXへと移行しました。
その結果、不都合どころか、メリットしかありませんでした。

今回は、WiMAXを自宅用ルーターとして使用する際のポイントについてご紹介したいと思います。

速度制限無しが固定回線を生き残らせていた!?

実は、WiMAXが登場する前から、同様に外でインターネットが出来ると言うモバイルルーターはありました。
また、スマートフォンにも同様のテザリングと言う機能が搭載されていて、パソコンを外出先でインターネット接続する事は可能でした。

にも関わらず、自宅の固定回線を解約し、それらで自宅と出先用とを兼用させようとする人が見られなかったのには、速度制限が課せられていたからです。
一人のユーザーが1ヶ月間に7GB以上3日間で1GB以上の通信を行うと、他のユーザーの通信状態に悪影響を及ぼしてしまうと言う事で、通信速度が制限されてしまうのです。
速度制限が課せられてしまうと、通信速度が128kbpsまで制限されてしまい、インターネットを楽しむには辛いものとなってしまいます。

これがネックとなり、モバイルルーターやスマートフォンのテザリングをメイン回線とするには心もとなかったのです。
その結果、ユーザーは自宅の固定回線を解約する事が出来無かったのです。

しかし、WiMAXの登場に、この考え方が一変してしまいました。
実は、WiMAXは他のモバイルルーターと異なり、速度制限が無いのです。

速度制限が無いと言う事は、通信し放題と言う事を意味しています。
つまり、WiMAXを自宅用のルーターとして使用する事が出来ると言う事になる訳です。

持ち運び出来るWiMAXと、外に持ち出す事の出来無い固定回線・・・どちらが良いかは一目瞭然ですよね?

WiMAX端末がインターネット接続する仕組み

WiMAXは固定回線と違って、有線では繋がっていません。
基地局から飛んでいるWiMAXの電波をWiMAX端末が受信し、Wi-Fi通信を使って、自宅のインターネット通信可能な機器をインターネットへと繋ぐ事が出来ます。

また、Wi-Fi通信に非対応の機器でも、後述するクレードルを使用する事で、有線でインターネット接続をする事も可能です。

WiMAXが固定回線の悩みの種を一気に解消!

固定回線は安定的なインターネット接続が行えるものの、以下の問題点も持っています。

    固定回線の抱える問題点
  • 契約した場所でしかインターネットに接続出来無い。
  • インターネットへの接続には、電話線が必要
  • 固定電話を引いていない家庭の場合、月々の支払いが高額になる
  • 毎月、モデムのレンタル料金が取られる
  • 配線部分の掃除が大変。
  • 配線部分の一部でも断絶されると、インターネットへの接続が出来なくなる。
    その場合に、配線の損傷箇所を見付けるのが非常に困難
  • 引っ越しの際に手続きが必要
  • 初回工事の際に、家の中へ工事業者を入れるのに抵抗感がある。
  • 工事日まではインターネットが出来無い。
  • モデムの起動時間の遅さにイライラする。

これらは全て、WiMAXに買い替える事で解消する事が出来ます。

WiMAXの契約を行うと、WiMAX端末が契約したプロバイダーから発送されます。
WiMAX端末が届くと、そこからネット接続までに10分とかかりません。
本当に、あっと言う間です。

また、引っ越しの際にする事は何もありません。
賃貸物件の大家に連絡する必要もありませんし、ネット可能な物件かどうかを気にする必要もありません。

固定回線にはデメリットが無いと思い込んでいる方も大勢いますが、実は、大間違いなのです。

僕自身がWiMAXに対してありがたいと実感した部分

僕はYahoo!BBのADSLと契約をしていました。
レンタルしていたモデムは当初から調子が悪く、「カチッ」と異音を出したかと思うと、急に通信が落ちると言う現象が多発していました。

通信が落ちてしまうと、モデムを再起動するまではインターネット接続が出来ません。
そして、モデムの起動時間が非常に遅いのです。
5分程は時間がかかるので、それまでの間は待つしかありませんでした。

途中、パソコンを買い替えたのですが、そのパソコンとモデムとの相性も最悪でした。
パソコンをインターネット接続した初日から、大容量の通信を行うと、勝手にインターネットの接続が落ちてしまうと言う症状も現れたのです。

上記症状と合わせ、1日に1回以上はインターネットの接続が落ちると言う症状に悩まされ続けていました。

また、固定回線ならではの悩みなのですが、固定回線には配線部分があります。
僕はハムスターを飼っているのですが、その子が目を離したスキに配線を齧ってしまい、インターネットに接続が出来無くなったと言う事もありました。

今はWiMAXに変更しましたが、上記悩みは全て一掃されました。
インターネットの接続が勝手に落ちると言う症状は見られませんし、配線部分が無いので、ハムスターに囓られる心配もありません。

更にありがたいのが、月額使用料金です。

僕がYahoo!BBに毎月支払っていたインターネットの使用料金が6,050円でした。
・・・高いですよね?
光ファイバーじゃなくて、ADSLでですよ?

これが、WiMAXに変える事で、月々の請求額は3,696円になりました。
通信速度はほぼ同じなのに、月額使用料金が半分近くになるとは・・・。
しかも、利便性まで格段に上がったと言う状態・・・。

僕の自宅がWiMAX 2+対応エリアになれば、通信速度は更に上がり、光ファイバー以上の通信速度になります。
そうなっても、月額の支払額は変わりません。

そう考えると、ADSLのままでいるのは、あまりにも馬鹿らしいですよね?
正直、もっと早くにWiMAXと契約しておけば良かった・・・そう、後悔しています。
WiMAXに変えた事によるお得感よりも、今までADSLに高い費用を垂れ流していたのだと言う損した気持ちの方が大きいです。

↓WiMAXに関する詳細情報はこちら↓
UQ WiMAX

固定回線との併用も出来る!?

基本的に、WiMAXと契約をすれば、固定回線との契約は必要ありません。

ですが、自分がWiMAX端末を持ち歩くとなると、自分が外出している間、他の家族はインターネットを楽しむ事が出来ません。
また、自宅ではWiMAXの電波の受信具合が弱いと言う方の場合も、WiMAXだけでは心細いでしょう。

ですから、WiMAXと固定回線の契約、両方を行っている方もいます。
そう言った、WiMAXと固定回線の両方の契約を行っている方の場合、WiMAX端末を無線LAN代わりに、アクセスポイントとして使用する事も可能です。

対象となるWiMAX端末は、HWD15NAD11です。
HWD15とNAD11のクレードルの裏側には、Ethernetポートがあります。

このEthernetポートにLANケーブルを差し込んでモデムと繋げる事で、WiMAX端末をアクセスポイントとして使用する事が出来るのです。
その際、WiMAX端末の操作を行い、「クレードル設定」を「ルータモード」から「APモード」に変更する必要があります。

今までLANケーブルでパソコンとモデムを繋いでいた方は、LANケーブルが必要無くなります。

WiMAXの自宅用ルーターとしての性能は?

WiMAXを自宅用のルーターとして使用出来るとご紹介しましたが、もっと具体的な話をしましょう。

今のWiMAX端末はWiMAX回線WiMAX 2+回線au 4G LTE回線を使用して通信を行う事が出来ます。
WiMAX回線の下りの通信速度は40Mbps、WiMAX 2+の下りの通信速度は110Mbps、au 4G LTE回線の下りの通信速度は75Mbpsです。

WiMAXはADSL、WiMAX 2+は光ファイバー、au 4G LTEはその中間程度の通信速度を出す事が出来ます。
また、WiMAX 2+の通信速度は更に速くなり、2018年には、光ネクスト隼と同等の1Gbpsの通信速度になる予定です。

WiMAX 2+対応のWiMAX端末として初登場したHDW14は、稀にWiMAX通信が途中で落ちる事があって、多少、不安定感がありました。
その後、WiMAXハイパワーに対応したNAD11が発売され、現在、HDW15が最新機種として発売されて今に至ります。

WiMAXハイパワーに対応したその恩恵は大きく、受信アンテナはHDW14の時よりも1本分多いです。
そして、途中でWiMAX回線が落ちる事も無く、とても安定的にWiMAX通信を行う事が出来ています。

僕がADSLを解約する際、オペレーターの方に、「WiMAX回線は天候や強風に左右されますから、ADSLの解約は暫く様子を見た方が良いですよ。」と不安定感を煽られました。
ちょうど昨日は台風の影響で、一日中、強風、大雨、雷の大荒れな天候でした。

そんな中、WiMAXの通信の方はと言うと、ADSLのオペレーターの話は何のその、絶好調でした。

当然ながら、一度も通信が落ちる事はありませんでした。
WiMAXが天候に左右されると言うのは、通信状態が良くないエリアでの話でしょう。

今はWiMAXの基地局の数も増え、また、WiMAX端末の性能も上がり、WiMAXハイパワーに対応しています。
ですから、ちょっとやそっとの天候は気にするに値しません。
何せ、台風でも大丈夫だったんですから!

WiMAX端末の設置場所は?

WiMAX端末を自宅用ルーターとして設置する場合、その場所からは基本的に動かさないと言う事になります。
そうなると、WiMAXの電波の受信具合が良い場所が適していると言う事になります。

WiMAXの基地局の場所が分かる場合は、その方角をまず、意識しましょう。
そして、基地局の方角から障害物の無い窓際にWiMAX端末を据えます。
高い建物や山がある場合は、設置場所を変えた方が良いです。

そして、広い屋敷に住んでいる方の場合は、出来るだけ家の中心に位置する窓際にWiMAX端末を据えましょう。
同じ建物内であっても、WiMAX端末からパソコンまでの距離が離れていると、Wi-Fiの電波を上手く受信出来無い事があります。

WiMAXの受信具合がイマイチな場合は?

もし、WiMAXの受信具合が不安定な場合は、台所の金属製のボウルをリフレクター代わりに使用して、電波をかき集めると言う方法もあります。
冗談みたいな話に聞こえるかもしれませんが、実際に、電波状態が良くなります。

ただし、この方法は基地局の方角を把握していないと、逆効果になる事もあります。

よくよく注意しながら、試してみるのも良いでしょう。

↓WiMAXに関する詳細情報はこちら↓
UQ WiMAX

※追記
2015年7月現在、WiMAX 2+は3日間で3GB以上の通信を行うと、翌日、速度制限の対象となる事があります。(回線混雑時に適用)
詳しくは、公式サイトにてご確認下さい。

※当サイトでご紹介している情報の中には、毎月、大幅に内容が変更されるものもございます。その関係上、記事の情報の正確性は保証出来かねます。正確性の高い情報に関しましては、最新記事をご覧頂くか、公式サイトにてご確認下さい。

この記事に関連する記事一覧

WiMAXお勧めのプロバイダーベスト3

GMOとくとくBB WiMAX 2+

GMOとくとくBB WiMAX 2+GMOとくとくBB WiMAX

クレードルセットで高額キャッシュバック!

GMOとくとくBB WiMAX 2+は、圧倒的に高額なキャッシュバックが貰えるプロバイダーです!
WiMAX端末のクレードルセットが貰えるプロバイダーの中で、最もキャッシュバックの金額が高いプロバイダーです。

UQ WiMAX

UQ WiMAX

サポート体制も安心のUQ WiMAXで!

WiMAX回線を管理するUQコミュニケーションズが運用している、UQ WiMAX。
トラブル時のお問い合せサポート体制が、最もしっかりしています。
安心感で選ぶなら、UQ WiMAXが一番です。

RaCoupon WiMAX 2+

RaCoupon WiMAX

月額料金が圧倒的に安いのはRaCoupon WiMAX 2+!

RaCoupon WiMAX 2+は、月額料金が圧倒的に安いプロバイダーです。
最も少ない通信費でWiMAXサービスを利用したい方にとって、お勧めのプロバイダーと言えます。


GMOとくとくBB WiMAX 2+

安心・安定のUQ WiMAX

UQ WiMAX

いらっしゃいませ
新着記事
カテゴリー
SNSボタン
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
RSSを購読

RSS Feed RSS - 投稿

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

4人の購読者に加わりましょう

注意事項

※日付の古い記事に関しては、現状と内容が異なる場合があります。必ず、公式サイトにて現状をご確認下さい。

UQ WiMAX