wimax 2+ 新機種

ジェイ・コミュニケーションのキャッシュバックがより貰いやすく

WiMAX 2+対応機種で最速のNAD11。新機種のレッドが登場!

読了までの目安時間:約 10分

WiMAX 2+対応機種で最速のNAD11。新機種のレッドが登場!

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11に新機種登場!

WiMAX 2+に対応しているWiMAX機種の中で、無線通信速度が最速のWi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11
日本製と言う事でも人気のWi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11ですが、新たに、新機種が登場しました。

新しく登場したのは、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11のレッドです。

従来のものと比べてスペック的な違いはありませんが、汚れが目立ちやすいだとか指紋の跡が残るなどと言った従来の口コミは、レッドを選ぶ事で回避出来ます。

↓NAD11の販売先はこちら↓
UQ WiMAX

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11の通信回線は?

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11で使用出来る通信回線は、WiMAXWiMAX 2+の2種類です。

WiMAXの下りの通信速度は、40Mbpsと言うADSL並みの速度が出ます。
速度制限が無いのが特徴で、通信し放題の通信回線です。

WiMAX 2+の下りの通信速度は、110Mbpsと言う光インターネット並みの速度が出ます。
通信速度は更に上げられる予定で、2015年には220Mbps、2018年には1Gbpsにまで引き上げられる予定です。

WiMAX 2+は通信速度が速いのが魅力的ではありますが、速度制限の対象となっています。

7GB以上の通信を行ってしまうと、その月の通信速度は128Kbpsに引き下げられてしまいます。

ただし、速度制限にかかってしまった場合でも、速度制限は月末にリセットされます。

速度制限があるとなると、WiMAX 2+の使用には躊躇してしまいがちです。
ですが、この速度制限は、WiMAXの契約から25ヶ月間は免除されます。
ですから、そんなに気にする事もありません。

注意が必要なのは、3日間に1GB以上の通信を行った場合に実施される速度制限です。
この速度制限は現段階では実施されていませんが、2015年4月以降に実施される予定になっています。
とは言っても、必ず実施されるのでは無く、エリア内の回線が混雑状態にある場合に実施されます。

普段はWiMAX 2+を使用し、速度制限にかかってしまった場合にWiMAXに切り替える・・・この使い方が基本となるでしょう。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11はau 4G LTEに非対応

注意が必要なのですが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11はau 4G LTEに対応していません。
au 4G LTEとは、auの回線を使ってインターネットが出来る通信回線の事です。
ですから、WiMAXの基地局が無いエリアでもインターネットが出来ると言う特徴を持っています。

広いエリアでインターネットが楽しめる便利な機能ですが、auの回線を使用する関係上、別途、月額料金が発生します。
ですから、au 4G LTEに対応しているWiMAX端末を持っている方でも、実際は使用しないと言う方はいます。

最初から使用しないと割り切れるのであれば、au 4G LTEに非対応でも、特に気にする必要はありません。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11はWiMAXハイパワーに対応

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11は、WiMAXハイパワーに対応しています。
WiMAXハイパワーとは、総務省令の改訂に合わせて送信が強化されたWiMAX端末の事です。

その結果、WiMAXの対応エリアが、従来のものより一回り広くなっています。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11は薄い!

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11の特徴の一つが、厚みです。
たった8.2mmしか無いので、ポケットの中に入れていても違和感ありません。

ただ、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11はその薄さから、ボタンが押しにくいと言われています。
とは言え、スマートフォンやPCのアプリから操作が出来ますので、そこまで気にする事もありません。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11をポケットの中に入れたままスマートフォンで操作すれば、いちいち取り出す必要もありません。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11はIEEE802.11ac/5GBに対応

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11はIEEE802.11ac/5GBに対応しています。
これは何かと言うと、最新のWi-Fi規格の事です。

従来のWi-Fiの11.5倍の通信速度が出ますし、通信エリアも広いです。
ですから、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11は、現時点のWiMAX 2+対応のWiMAX端末の中で、最速の通信速度を持っています。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11はクレードルにも対応

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11はクレードルにも対応しています。

クレードルとは、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11の充電台の事です。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11をクレードルにセットする事で、バッテリー切れを気にせずにインターネットを楽しむ事が出来ます。

また、クレードルの裏側にはEthernetポートが空いているので、LANケーブルを差し込む事が出来ます。
つまり、クレードルがある事で、有線通信を行う事が出来ます。

Wi-Fiに非対応の機器をインターネットに接続したり、Wi-Fiで不具合の出るWindows8やWindows8.1をインターネット接続する際に重宝したいものです。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11はとても魅力的なWiMAX端末

レッドが登場したWi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11ですが、ご紹介して来たように、色々な機能と特徴があります。
特に、IEEE802.11ac/5GBに対応していて通信速度が速いと言う点は、大きなアドバンテージになっています。

最新WiMAX端末であるWi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15には無い機能ですから、少しでも速い通信速度をと考えている方にとっては、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11がWiMAX端末の最有力候補となるでしょう。

詳しいスペックに関しては、UQ WiMAXの公式サイトをご覧下さい。

↓UQ WiMAXの公式サイトはこちら↓
UQ WiMAX

※追記
2015年7月現在、WiMAX 2+は3日間で3GB以上の通信を行うと、翌日、速度制限の対象となる事があります。(回線混雑時に適用)
詳しくは、公式サイトにてご確認下さい。

※当サイトでご紹介している情報の中には、毎月、大幅に内容が変更されるものもございます。その関係上、記事の情報の正確性は保証出来かねます。正確性の高い情報に関しましては、最新記事をご覧頂くか、公式サイトにてご確認下さい。

この記事に関連する記事一覧

WiMAXお勧めのプロバイダーベスト3

GMOとくとくBB WiMAX 2+

GMOとくとくBB WiMAX 2+GMOとくとくBB WiMAX

クレードルセットで高額キャッシュバック!

GMOとくとくBB WiMAX 2+は、圧倒的に高額なキャッシュバックが貰えるプロバイダーです!
WiMAX端末のクレードルセットが貰えるプロバイダーの中で、最もキャッシュバックの金額が高いプロバイダーです。

UQ WiMAX

UQ WiMAX

サポート体制も安心のUQ WiMAXで!

WiMAX回線を管理するUQコミュニケーションズが運用している、UQ WiMAX。
トラブル時のお問い合せサポート体制が、最もしっかりしています。
安心感で選ぶなら、UQ WiMAXが一番です。

RaCoupon WiMAX 2+

RaCoupon WiMAX

月額料金が圧倒的に安いのはRaCoupon WiMAX 2+!

RaCoupon WiMAX 2+は、月額料金が圧倒的に安いプロバイダーです。
最も少ない通信費でWiMAXサービスを利用したい方にとって、お勧めのプロバイダーと言えます。


GMOとくとくBB WiMAX 2+

安心・安定のUQ WiMAX

UQ WiMAX

いらっしゃいませ
新着記事
カテゴリー
SNSボタン
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
RSSを購読

RSS Feed RSS - 投稿

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

4人の購読者に加わりましょう

注意事項

※日付の古い記事に関しては、現状と内容が異なる場合があります。必ず、公式サイトにて現状をご確認下さい。

UQ WiMAX