uq wimax 故障

ジェイ・コミュニケーションのキャッシュバックがより貰いやすく

知っているようで意外と知らない?UQ WiMAXのWiMAX端末故障時の故障対応

目安時間:約 12分

UQ WiMAXのWiMAX端末故障時の故障対応は?

UQ WiMAXユーザーのWiMAX端末が故障してしまったら?

UQ WiMAXのサービスを利用する為には、専用のWiMAX端末が必要となります。
ただ、WiMAX端末は機械ですから、場合によっては故障する事もあるでしょう。
その場合は最悪新品との交換になりますが、20,000円も追加料金が掛かってしまいます。

そこで、UQ WiMAXには1年間のメーカー保証期間と、月額380円の端末補償サービスとがあります。
この制度を利用する事によって、交換用機器(リフレッシュ品)と交換をして貰う事が出来ます。

ちなみに、交換用機器(リフレッシュ品)とは他の誰かの故障したWiMAX端末を修理したもので、外側のカバーは新品と交換をしています。
ですので、見た目は新品と代わりません。

ちなみに、端末補償サービスを利用するメリットとしては、メーカー保証期間が過ぎた後でも保証を付け続ける事が出来ます。
また、保証範囲も広くなります。
ですので、メーカー保証期間の間は捨て金になるのではと思われる方もいるでしょうが、保証対象が広くなると言うメリットがあります。

ちなみに、端末補償サービスの月額料金は380円ですが、初月は無料になります。
これを考慮した上で最初の契約更新月までサービスを利用したとします。
すると、掛かる費用の総額は9,120円となります。

端末補償サービスを利用すると、3,300円の利用料金が発生します。
ですので、合計12,420円掛かります。

一方、端末補償サービスに入っていなかった場合は20,000円掛かります。
ですので、そう考えると割の良いサービスと言えます。

ちなみに、メーカー保証はWiMAXサービスの契約者全員に付きますが、端末補償サービスは申し込み者のみの適用となります。
端末補償サービスの申し込みは、WiMAXサービスの契約時にしか出来ない形になっています。
ですので、利用するかどうかは最初に考えましょう。

WiMAXサービスの申し込みは→http://www.uqwimax.jp/から

メーカー保証期間のWiMAX端末の故障対応は?

WiMAX端末の調子がおかしいと思ったら、まずは、UQ WiMAXの公式サイトにある「製品サポートナビ」のページヘアクセスしましょう。
そこでは、選択形式で、WiMAX端末の不具合を解決する為の手順が紹介されています。

そこで具体的な解決方法が見付からなかった場合は、フリーダイヤルであるUQお客様サポートセンターにお問い合わせをしてみましょう。
オペレーターの方と、WiMAX端末の修理が行えるかどうかのやり取りを行います。

この段階で、間違ってもauショップにWiMAX端末を持ち込まないようにしましょう。
UQ WiMAXユーザーの場合は、auショップでは対応して貰えません。

UQお客様サポートセンターの受付時間は年中無休の9時から21時まで対応しています。
この対応時間はWiMAX業界最長ではあるものの、対応時間があると言う点に注意しましょう。

メーカー保証期間内であり、なおかつ、故障原因が自然故障であると判明されれば、WiMAX端末は交換用機器(リフレッシュ品)と交換して貰えます。

WiMAX端末の自然故障とは?

無料でWiMAX端末を交換用機器(リフレッシュ品)と交換して貰える前提が自然故障だと説明しました。
そこで、自然故障についてもう少し具体的に見て行きましょう。

自然故障とは、取扱説明書に従ったWiMAX端末の使用方法をしていたにも関わらず、なぜか、WiMAX端末に不具合が起きてしまった場合を指します。

ですから、WiMAX端末を水没させてしまっただとか、そう言うものは自然故障には当たりません。
WiMAX端末には水濡れチェックシールが貼られていますから、一度でもWiMAX端末を水没させてしまった場合、簡単にバレてしまいます。

WiMAX端末を落下させてしまった場合も同様で、WiMAX本体に大きな傷や破損があれば、自然故障では無い事が簡単にバレます。

また、WiMAX端末を分解したり、部品を交換するなどの改造を施した場合も、それが原因でWiMAX端末が故障してしまったとなると、自然故障には該当しません。

更に、WiMAX端末に塗装がしてあった場合も、自然故障とは見なされませんので、注意しましょう。
そう考えると、WiMAX端末のカスタムは控えたいものです。

上記の点に注意さえすれば、WiMAX端末を無料で交換用機器(リフレッシュ品)と交換して貰える可能性があります。
駄目だと諦めず、一度、UQお客様サポートセンターに問い合わせをしてみましょう。

保証付きWiMAXサービスの申し込み先はhttp://www.uqwimax.jp/から

メーカー保証と端末補償サービスの適用範囲~期間~

上記のケースに該当してしまった場合であっても、端末補償サービスに申し込んでさえいれば、交換をして貰う事が出来る可能性があります。
そこで、メーカー保証と端末補償サービスの適用範囲の違いについて確認してみましょう。

まずは、適用となる期間について確認してみましょう。

メーカー保証と端末補償サービスの適用期間
WiMAXサービスの契約期間 メーカー保証 端末補償サービス
契約1年目 適用 適用
契約2年目以降 適用外 適用

端末補償サービスは、1年に2回まで利用する事が出来ます。
1回目の利用時は3,300円、2回目の利用時は5,300円が掛かります。

メーカー保証と端末補償サービスの適用範囲~保証範囲~

続いて、メーカー保証と端末補償サービスの保証範囲について確認してみましょう。
メーカー保証の対象となるのは自然故障の場合においてのみとなります。
文字通り、変な事は何もしていないのに壊れた・・・と言う場合以外には利用する事が出来ません。

一方、端末補償サービスの場合は、以下のケースでも対応して貰えます。

    端末補償サービスの適用範囲
  • 自然故障
  • 部分破損
  • 全損
  • 水濡れ
  • 火災による焼失
  • 盗難
  • 紛失

対して、端末補償サービスでも対象外となるのが以下のケースです。

    端末補償サービスの適用範囲外
  • 汚れ
  • 塗装の剥離
  • 自然災害によるトラブル
  • 故意の破損
  • 改造による故障
  • ソフトウェアの改造や解析による故障
  • コンピューターウイルスによる故障

ちなみに、端末補償サービスを利用時には故障したWiMAX端末を返送する必要があります。
交換用機器(リフレッシュ品)が到着後14日以内必着で返送しなければならないですが、間に合わない場合は20,000円の違約金が発生します。

自分が使っていて故障したWiMAX端末は、修理されてから誰かの交換用機器(リフレッシュ品)として利用されます。
ですので、面倒がらずにきちんと返送するようにしましょう。

より詳細な情報に関してはhttp://www.uqwimax.jp/から

修理ではなく、交換用機器との交換と言う方式を取る理由とは?

ここまで記事をご覧になった方の中には、なぜ他人の使っていたWiMAX端末を修理したものと交換しなきゃならないのか?
自分のWiMAX端末を修理してくれないのか?
そう言った疑問を持たれた方もいらっしゃるでしょう。

実は、こう言う形式を採用しているのにはきちんとした理由があります。
試しに、自分のWiMAX端末を修理すると言う流れを想定してみましょう。

UQ WiMAXにお問い合せ→故障したWiMAX端末を郵送→WiMAX端末の修理→故障したWiMAX端末を返送→WiMAXサービスの利用再開

対して、今採用されている交換用機器(リフレッシュ品)との交換と言う方式の流れを確認してみましょう。

UQ WiMAXにお問い合せ→UQ WiMAXから交換用機器(リフレッシュ品)を郵送→WiMAXサービスの利用再開→故障したWiMAX端末を返送

お分かり頂けるかと思いますが、今の方式の方が圧倒的に早くWiMAXサービスの利用再開が出来る訳です。
WiMAX端末の修理が終わるまで10日以上待たされるより、既に修理が終わっているWiMAX端末を郵送して貰った方が、圧倒的に早い速度でWiMAXサービスの利用再開が出来るのです。
基本的に、住んでいるエリアまでの宅配に掛かる日数だけ待てば良いのです。

WiMAX端末の修理となると、ルーターの問題部分を特定して、その部分を修理すると言う工程が必要となります。
修理後は、問題がないかテストも必要でしょう。
その間もユーザーはインターネットが利用出来ない状態で待たされると考えれば、今は非常に効率の良い方式を採用しているなと感心します。

なんだ、アウトレット品との交換か。
自分のWiMAX端末を修理してくれよ・・・そう考える前に、なぜこのような方式が採用されているのかを考える必要があります。

と言う事で、もしWiMAX端末が故障してしまっても、早くインターネット環境を再開出来るUQ WiMAXのサービス。
導入を検討なさってみてはいかがですか?

UQ WiMAXの申し込みはhttp://www.uqwimax.jp/から

※当サイトでご紹介している情報の中には、毎月、大幅に内容が変更されるものもございます。その関係上、記事の情報の正確性は保証出来かねます。正確性の高い情報に関しましては、最新記事をご覧頂くか、公式サイトにてご確認下さい。

この記事に関連する記事一覧

WiMAXお勧めのプロバイダーベスト3

GMOとくとくBB WiMAX 2+

GMOとくとくBB WiMAX 2+GMOとくとくBB WiMAX

クレードルセットで高額キャッシュバック!

GMOとくとくBB WiMAX 2+は、圧倒的に高額なキャッシュバックが貰えるプロバイダーです!
WiMAX端末のクレードルセットが貰えるプロバイダーの中で、最もキャッシュバックの金額が高いプロバイダーです。

UQ WiMAX

UQ WiMAX

サポート体制も安心のUQ WiMAXで!

WiMAX回線を管理するUQコミュニケーションズが運用している、UQ WiMAX。
トラブル時のお問い合せサポート体制が、最もしっかりしています。
安心感で選ぶなら、UQ WiMAXが一番です。

RaCoupon WiMAX 2+

RaCoupon WiMAX

月額料金が圧倒的に安いのはRaCoupon WiMAX 2+!

RaCoupon WiMAX 2+は、月額料金が圧倒的に安いプロバイダーです。
最も少ない通信費でWiMAXサービスを利用したい方にとって、お勧めのプロバイダーと言えます。


GMOとくとくBB WiMAX 2+

安心・安定のUQ WiMAX

UQ WiMAX

いらっしゃいませ
新着記事
カテゴリー
SNSボタン
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
RSSを購読

RSS Feed RSS - 投稿

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

4人の購読者に加わりましょう

注意事項

※日付の古い記事に関しては、現状と内容が異なる場合があります。必ず、公式サイトにて現状をご確認下さい。

UQ WiMAX