uq wimax アンテナ 自作

ジェイ・コミュニケーションのキャッシュバックがより貰いやすく

UQ WiMAX用のアンテナを自作する方法と測定結果を公開!

読了までの目安時間:約 8分

UQ WiMAX用のアンテナを自作する方法と測定結果

UQ WiMAX用のアンテナを自作!?

WiMAXユーザーの中には、自宅がWiMAXのエリア圏内ギリギリで、思うような通信速度が出せないと嘆いている方もいます。
そのような方にとって最終手段となっているのが、リフレクターと言われる事もある、自作のパラボラアンテナです。

「パラボラアンテナを自作出来るの!?」だとか、「そんなので効果無いでしょ!」だとか、そう思う方も少なくないでしょう。
ですが、実際に、パラボラアンテナを自作して、何とかWiMAXの通信を行っている方もいます。
中には、パラボラアンテナの設置で通信速度が1割速くなったなどと書いてあるブログもありました。

また、GMO WiMAXが、パラボラアンテナの実験動画をYouTubeにアップしています。

このように、WiMAXは自作のパラボラアンテナで高速化出来ると言われています。

WiMAXの通信速度が遅いと言う方や、WiMAXが実際に受信出来るかどうかが不安だと言う方は、パラボラアンテナを自作してみるのも良いかもしれません。

WiMAXに関する情報は、公式サイトを御覧下さい。

↓UQ WiMAXの公式サイトはこちら↓
UQ WiMAX

パラボラアンテナがWiMAXを高速化させる仕組み

しかしながら、なぜ、パラボラアンテナの設置でWiMAXが高速化するのでしょうか?
その秘密は、WiMAXの特性にあります。

WiMAXは高周波数帯を使用している為、障害物があると反射してしまう性質を持っています。

ですから、WiMAXは屋内使用に向いていないなどと言われる事もあります。

一方、WiMAXの反射しやすい性質を利用し、WiMAXの電波を一点に集めてしまおう・・・この考え方がパラボラアンテナの根底にあります。

WiMAXの電波が集められた結果、WiMAXの通信速度が上がる・・・と言うのが、今回ご紹介する内容となります。

パラボラアンテナを自作する!

では、実際にパラボラアンテナを自作してみましょう。
使うのは、台所にある金属製のボウルです。

アルミホイールや傘を改造して使用する方もいますが、ボウルの方が曲面が正確に作られていますから、WiMAXの電波を集めやすいと推測出来ます。
そして何より、大掛かりな改造が必要ありません。

後は簡単。
ガムテープで物にペタッと貼り付けるだけ。

ほんの数秒で終わりです。

貼り付けるものは、移動出来る物が良いです。
パラボラアンテナの設置位置が重要になりますから、設置場所を調整しやすいのがベストです。

実際、通信速度はどうなる?

肝心なのは、こんな単純な装置で、実際にWiMAXの通信速度が上がるかどうかですよね?

今回使用するWiMAX端末は、WiMAXハイパワーに対応しているHWD15です。

使用する通信回線はWiMAX 2+
スピードテストには、USENのスピードテストサービスを利用しました。

WiMAXの基地局の位置は公開されていませんので、HWD15を向ける方向とパラボラアンテナの設置位置は、数値が一番高い位置にしました。
ここを割り出すのに、非常に手間と時間がかかりました。
・・・多分、もう、二度とやらないです;

WiMAXの通信速度は無線を使用する関係上、非常に不安定です。
通信速度は常に変動しているものですから、測定は5回行う事とします。

そして、その測定結果がこちらです。

パラボラアンテナ設置前の測定結果
順番 回線速度(Mbps)
測定1回目 7.891
測定2回目 9.469
測定3回目 9.364
測定4回目 9.598
測定5回目 8.945

今回、一番遅い測定結果が7.891Mbpsでした。

平均値は9.0534Mbpsです。
これだけの通信速度があれば、インターネットをする分には、まず、問題無い通信速度です。

パラボラアンテナ設置後の測定結果
順番 回線速度(Mbps)
測定1回目 9.833
測定2回目 9.693
測定3回目 9.409
測定4回目 9.661
測定5回目 10.099

今回、一番速い測定結果が10.099Mbpsでした。

平均値は9.739Mbpsです。
若干速くなった気はしますけど、思っていたほどでは無かったです。
・・・この程度の差なら、誤差の範囲内のような気がするのは、僕だけでしょうか??

通信速度の測定結果は微妙でしたが・・・

今回、通信速度の測定結果は微妙なものでした。
この測定結果をどう解釈するかは、あなた次第です。
でもまぁ、元々、問題無い通信速度が出ていますから、増える通信速度も大した事無かったのかもしれません。

それでも、WiMAXの通信速度が出なくて、わずかでも通信状況を良くしたい・・・と言う方には、最後の悪あがき位にはなるでしょう。

パラボラアンテナの自作も簡単ですから、ぜひ、試してみて下さい。

ちなみに、WiMAXの基地局の場所は公開されていませんが、WiMAXの対応エリアに関しては公開されています。
その地図から、WiMAXの基地局の場所を推測してみるのも良いかもしれません。
詳しくは、UQ WiMAXの公式サイトでご確認下さい。

↓UQ WiMAXの公式サイトはこちら↓
UQ WiMAX

※追記
2015年7月現在、WiMAX 2+は3日間で3GB以上の通信を行うと、翌日、速度制限の対象となる事があります。(回線混雑時に適用)
詳しくは、公式サイトにてご確認下さい。

※当サイトでご紹介している情報の中には、毎月、大幅に内容が変更されるものもございます。その関係上、記事の情報の正確性は保証出来かねます。正確性の高い情報に関しましては、最新記事をご覧頂くか、公式サイトにてご確認下さい。

この記事に関連する記事一覧

WiMAXお勧めのプロバイダーベスト3

GMOとくとくBB WiMAX 2+

GMOとくとくBB WiMAX 2+GMOとくとくBB WiMAX

クレードルセットで高額キャッシュバック!

GMOとくとくBB WiMAX 2+は、圧倒的に高額なキャッシュバックが貰えるプロバイダーです!
WiMAX端末のクレードルセットが貰えるプロバイダーの中で、最もキャッシュバックの金額が高いプロバイダーです。

UQ WiMAX

UQ WiMAX

サポート体制も安心のUQ WiMAXで!

WiMAX回線を管理するUQコミュニケーションズが運用している、UQ WiMAX。
トラブル時のお問い合せサポート体制が、最もしっかりしています。
安心感で選ぶなら、UQ WiMAXが一番です。

RaCoupon WiMAX 2+

RaCoupon WiMAX

月額料金が圧倒的に安いのはRaCoupon WiMAX 2+!

RaCoupon WiMAX 2+は、月額料金が圧倒的に安いプロバイダーです。
最も少ない通信費でWiMAXサービスを利用したい方にとって、お勧めのプロバイダーと言えます。


GMOとくとくBB WiMAX 2+

安心・安定のUQ WiMAX

UQ WiMAX

いらっしゃいませ
新着記事
カテゴリー
SNSボタン
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
RSSを購読

RSS Feed RSS - 投稿

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

4人の購読者に加わりましょう

注意事項

※日付の古い記事に関しては、現状と内容が異なる場合があります。必ず、公式サイトにて現状をご確認下さい。

UQ WiMAX