try wimax

ジェイ・コミュニケーションのキャッシュバックがより貰いやすく

Try WiMAXでWiMAXを無料お試し出来るって知ってます?

読了までの目安時間:約 14分

Try WiMAXでWiMAXを無料お試し出来るって知ってます?

Try WiMAXを有効活用しよう!

WiMAX 2+の契約は、基本的に2年縛りです。
ですから、一度契約をしてしまうと、2年間は月額料金を支払い続ける必要が出て来ます。

契約後、WiMAXのモバイルルーターを使用してみたところ、上手く電波が入らずに、実際には使用出来無かった・・・そう言った場合でも、返品は出来ません。
かと言って、実際には使えないのに、月額料金を支払い続けるのは勿体無いです。
ですから、契約解除を・・・と行きたいところですが、2年が経過していない契約解除には解除料が発生してしまいます。

こう言った困った事が起こらないように、UQコミュニケーションズでは、Try WiMAXと言う、WiMAXの無料お試し制度があります。

Try WiMAXとは?

Try WiMAXに申し込むと、完全無料でWiMAXモバイルルーターをレンタルする事が出来ます。
その際の登録料や月額通信料、モバイルルーターのレンタル料や配送費用などは一切かかりません。
文字通り、完全無料です。

TryWiMAXの申し込みは、UQコミュニケーションズのホームページで行っています。
以前は店舗での申し込みも行っていましたが、現在は、インターネットでの申し込みのみ受け付けています。

Try WiMAXのレンタル期間は15日間ですが、一点、注意が必要です。
この15日間と言うのは、UQコミュニケーションズから機器が発送された日を起点としてカウントを行います。
そして、返却手続き後、UQコミュニケーションズに機器が到着する日までの期間が15日間なのです。

この15日という期限を延滞してしまうと違約金を請求されてしまいますので、注意が必要です。

Try WiMAXを申し込む際の必須条件

Try WiMAXを申し込むには、20歳以上でなければいけません。
そして、Try WiMAXを申し込む際には、クレジットカード番号携帯電話用のメールアドレスパソコン用のメールアドレスを登録する必要があります。
ですから、これらを前以て準備しておく必要があります。

Try WiMAXは完全無料なのに、なぜクレジットカードの登録が必要なのか、不安になるかもしれません。
これは、前述した返却期限の延滞、そして、貸出機器の破損や紛失が起こった際の違約金の請求先になるのです。

そう言ったトラブルが無ければ、クレジットカードから現金が引き落とされると言った事はありません。

Try WiMAXは、レンタル出来る対応機種が決まっています。
現時点でのTry WiMAXの対応機種は、「HDW14」と「URoad-8000」と「URoad-SS10」と「URoad-Home」です。

既にレンタルされていて在庫が無い場合は、その機種はレンタル出来ません。

そして、Try WiMAXを利用後は、アンケートへの協力が必要です。

無料でWiMAXを試させて貰っているので、これ位は当然ですね。

Try WiMAXを一度利用すると、90日間は同サービスを利用出来ません。
ですから、過去90日以内にTry WiMAXを利用した事のある方は、Try WiMAXには申し込めません。

以上の条件を確認した後、問題無ければ、Try WiMAXに申し込むのも良いでしょう。

↓Try WiMAXに関する詳細情報はこちら↓
Try WiMAXに申し込む

実際にTry WiMAXを申し込む

この記事を書く為に、僕も実際にTry WiMAXを利用してみました。
説明したように、UQコミュニケーションズのホームページから申し込みを行いました。

申し込みを行った翌日、クレジットカード会社から、ご利用案内通知が届きました。
2万円という、身に覚えがない利用金額が記載されていて、最初はクレジットカードの不正使用を疑いました。

ですが、これは、UQコミュニケーションズが違約金請求の為に、ショッピング利用枠の確保を行っただけです。
きちんとWiMAXモバイルルーターを返却すれば、この金額は請求されません。

Try WiMAXの申込み後、3日後にWiMAXモバイルルーターが届きました。

この箱はWiMAXモバイルルーターを返却する際にも必要ですから、丁寧に開封します。

箱の中には、WiMAXモバイルルーターが入っている箱、WiMAXモバイルルーターを返却する際に使用する伝票、パンフレット、返却方法が書かれている用紙が同封されていました。

WiMAXモバイルルーターが入っている箱を開封します。

WiMAXモバイルルーターは、思っていたよりもずっと小さいですね。
HDW14はトランプサイズほどしかありません。

ですが、厚みがあるので、少しだけどっしりとしています。

HDW14の電源を入れ、ネット接続を試みるも・・・!?

早速充電を行いながら、HDW14の電源を入れてみます。
流石に立ち上がりが速いです。
ほんの数秒で、通信可能な状態になりました。

通信可能になるまでに数分はかかる、ADSLのモデムの立ち上がりとは比較にもならない速さです。
今のパソコンは立ち上がりが速いので、これならば、ストレス無くインターネットに接続出来ます。

とは言うものの、HDW14が立ち上がった後の、パソコンからHDW14にアクセスする過程で手間取りました。
HDW14への接続にはネットワークのSSIDのパスワード入力が必要なのですが、そのパスワードが分からなかったのです。

無線LANならば、本体の裏側に、SSIDとパスワードが印刷されたシールが貼られているものです。
ですが、HDW14本体には、そのようなシールが貼られていなかったのです。

HDW14が収納されていた箱にもそのようなものがありませんし、同封されている説明書にも、そう言った記載がありません。
ですから、ここで手間取ってしまいました。

HDW14のパスワードは、結局、HDW14の画面を操作して行くと表示されました。

説明書にも書かれていませんでしたので、自分で見付けるしかありません。
ここが少し、不親切だなと思いました。

パソコン初心者だと、躓いてしまうと思います。

WiMAXの操作具合は?

ようやく、パソコンとHDW14を接続する事が出来ました。
心配していた受信感度は、最大5まであるアンテナが、3や4で表示されました。

室内ではWiMAXの電波が入りにくいとは聞いてましたが・・・。
きちんと通信出来るのか、不安がよぎります;

ところが、実際にインターネットに接続してみると、先程の心配は何のその、サクサクとインターネットが出来るではありませんか。
僕はADSLの回線を普段使用していますが、それと全く変わりません。

契約しているADSLの速度は50Mbpsで、WiMAXは40Mbpsです。
10Mbps分だけ速度が遅くなっているハズですが、体感的には全く変わりません。

試しに、インターネットに接続しながら作業をする自動ツールを3つ起動しながら、なおかつ、1時間の動画を観てみました。
結果、全くの問題無し!
映像が止まって読み込み中になるような事も無く、最後までスムーズに動画が再生されました。

これならば、十分に実用レベルです。
毎月ADSLに6千円も支払い続ける必要は無く、安いWiMAXに変更すべきだなと、そう確信しました。

今回はHDW14を使用しましたが、これがWiMAXハイパワー対応機種だった場合は、更に快適にインターネットが出来ると言う事を意味しています。
そして更に、WiMAX 2+の電波が届くようになった場合は、110Mbpsが出ると言う事になる訳です。

そこまで行くと、もはや、どれだけの体感速度になるのか、想像も付きません。
ですが、現状のWiMAXだけでも、全く不便のない速度を出す事が出来ました。

インターネットの書き込みを読むと、WiMAXは建物の中では受信出来ないだとか、田舎はWiMAXが繋がらないと言う書き込みを見掛けます。
それを読んで、僕もWiMAXには疑念を抱いていたのですが、実際は、そのような事ありません。

書き込みがされていた頃と比べ、今は随分とWiMAXの基地局が増えたのでしょう。
ですから、現状は違うと言う事を理解しておく必要があります。

WiMAXの唯一残念な点

前述した通り、WiMAXの通信速度は申し分無いです。
全く不便を感じないレベルの通信速度です。

ただし、不安定であると言う点は、インターネットで書き込まれている通りでした。
WiMAXを一日中繋ぎっぱなしにしていると、数時間毎にネットワークが切断されます。

急にインターネットへ接続出来なくなり、パソコンの通知領域を見てみると、ネットワークのアイコンにビックリマークが表示されていました。

詳細を確認すると、画面に「制限あり」と表示されています。
このような状態が、数時間毎に起こるのです。

一度ネットワーク接続をオフラインにし、再び接続すれば、このような状態から復帰出来ます。
ただし、自動ツールを使用していると、ネットワークが落ちたところからエラーが出てしまいますし、動画なら、そこで止まってしまいます。

これが、面倒と言えば面倒です。
WiMAXの基地局がもっと増えれば安定して来るでしょうが、現状では、この症状を容認出来るかどうかも、WiMAX契約の際の一つの選択材料にはなるでしょうね。

とは言え、WiMAXのメリットはとても大きいので、僕は来月頭にはWiMAXを契約している事でしょう。

↓Try WiMAXに関する詳細情報はこちら↓
Try WiMAXに申し込む

※追記
2015年7月現在、WiMAX 2+は3日間で3GB以上の通信を行うと、翌日、速度制限の対象となる事があります。(回線混雑時に適用)
詳しくは、公式サイトにてご確認下さい。

※当サイトでご紹介している情報の中には、毎月、大幅に内容が変更されるものもございます。その関係上、記事の情報の正確性は保証出来かねます。正確性の高い情報に関しましては、最新記事をご覧頂くか、公式サイトにてご確認下さい。

この記事に関連する記事一覧

WiMAXお勧めのプロバイダーベスト3

GMOとくとくBB WiMAX 2+

GMOとくとくBB WiMAX 2+GMOとくとくBB WiMAX

クレードルセットで高額キャッシュバック!

GMOとくとくBB WiMAX 2+は、圧倒的に高額なキャッシュバックが貰えるプロバイダーです!
WiMAX端末のクレードルセットが貰えるプロバイダーの中で、最もキャッシュバックの金額が高いプロバイダーです。

UQ WiMAX

UQ WiMAX

サポート体制も安心のUQ WiMAXで!

WiMAX回線を管理するUQコミュニケーションズが運用している、UQ WiMAX。
トラブル時のお問い合せサポート体制が、最もしっかりしています。
安心感で選ぶなら、UQ WiMAXが一番です。

RaCoupon WiMAX 2+

RaCoupon WiMAX

月額料金が圧倒的に安いのはRaCoupon WiMAX 2+!

RaCoupon WiMAX 2+は、月額料金が圧倒的に安いプロバイダーです。
最も少ない通信費でWiMAXサービスを利用したい方にとって、お勧めのプロバイダーと言えます。


GMOとくとくBB WiMAX 2+

安心・安定のUQ WiMAX

UQ WiMAX

いらっしゃいませ
新着記事
カテゴリー
SNSボタン
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
RSSを購読

RSS Feed RSS - 投稿

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

4人の購読者に加わりましょう

注意事項

※日付の古い記事に関しては、現状と内容が異なる場合があります。必ず、公式サイトにて現状をご確認下さい。

UQ WiMAX