テザリング ワイマックス

ジェイ・コミュニケーションのキャッシュバックがより貰いやすく

テザリングよりもワイマックスの方がお勧めな理由とは?

読了までの目安時間:約 8分

テザリングよりもワイマックスの方がお勧めな理由とは?

テザリングとワイマックスの違いとは?

今や、誰もが持っているスマートフォン。
そのスマートフォンに、テザリングと言う機能があるのをご存知ですか?

テザリングとは、スマートフォンをWi-Fiルーター代わりにして、パソコンやタブレットをインターネットに接続する事の出来る機能の事です。
持ち運び出来るスマートフォンの特性から、好きな場所でインターネットを楽しむ事が出来ます。

この機能を専用とした商品に、ワイマックスと言う商品があります。
ワイマックスは今、大人気で売れ続けています。

でも、スマートフォンに同じ機能があるのに、なぜ、わざわざワイマックスと契約を行う方がいるのでしょうか?
ワイマックスはインターネット通信専用の機器ですから、通話機能すら持っていませんし。

・・・実は、テザリングは通信し放題ではありません。
通信し過ぎると速度制限を掛けられてしまい、スマートフォンそのものの通信速度も遅くなってしまいます。

一方、ワイマックスには速度制限の縛りがありません。
ですから、ヘビーなインターネットユーザーに、ワイマックスが支持されているのです。

これだけ便利なワイマックス。
テザリングだけでは不十分だと言う方は、一度、ワイマックスについて検討してみてはいかがですか?

スマートフォンのテザリングには速度制限がありますから、その不安感から、家の固定回線(ADSLや光回線など)の契約を解約する事は出来ません。
その一方、ワイマックスには速度制限がありませんので、家の固定回線に置き換わる事が出来ます。

実は、固定回線よりもワイマックスの方が月額利用料金が安いです。
ですから、家の固定回線を解約しつつワイマックスに乗り換えれば、通信費の節約にもなります。

↓ワイマックスに関する詳細情報はこちら↓
UQ WiMAX

テザリングに速度制限が掛けられる目安は?

テザリングが速度制限無しに通信を行う事が出来るのは、1ヶ月に7GBの通信量までです。
それを超えてしまうと、月末まで、通信速度が128Kbpsに制限されてしまいます。

テザリングの速度制限の解除には、通信量に応じた追加料金が必要です。
その為、実質、従量課金制のようなものになってしまいます。
場合によっては、ワイマックスの月額利用料金よりも高い追加料金が取られてしまいますので、注意が必要です。

また、3日間で1GB以上の通信量を利用した場合も、翌日の13時から24時間程度の速度制限が掛けられる事があります。
こちらの制限も、かなりキツイい縛りになっています。

具体的に、7GBがどれ位の通信量なのかと言うと、YouTubeのHD動画を観る場合、2時間で7GBを超えてしまいます。
また、朝から晩までインターネットをし続けるような使用方法だと、3日と持ちません。

ですから、テザリングはメインのインターネット回線としては使用出来ません。
家では固定回線でインターネットを楽しみつつ、外出時の暇つぶしでインターネットを楽しむと言うような使い方ではない限り、速度制限が掛かるまでの通信量内で抑える事は難しいでしょう。

この場合、通信費の二重取りをされているような状態になりますから、非常に勿体無い訳ですが・・・。

ワイマックスで通信費を節約!

前述した通り、ワイマックスは通信費の節約になります。

固定回線よりも月額利用料金が安く、また、スマートフォンをインターネットに接続する際にも、ワイマックスを経由する事が出来るからです。
つまり、スマートフォンのパケット代を限り無く節約し、通信費を安いワイマックスに一本化する事が可能なのです。
その際、スマートフォンの通信プランは、一番安いものにしておけば良いです。

ワイマックスの月額利用料金は完全定額制です。
どれだけ通信を行っても料金が上がる事は無く、また、速度制限が掛けられる心配もありません。

ですから、ワイマックスを通して通信しないと損とさえ言えるでしょう。

接続する事の出来る通信機器の最大数は?

テザリングで同時接続する事の出来る通信機器の数は、スマートフォン端末の性能によります。
現時点では、最大5~8台程度のものが多いようです。

一方、ワイマックスの場合は、通常、最大10台までの通信機器をインターネットに接続する事が出来ます。
ただし、クレードルに対応したワイマックス端末の場合は、最大11台もの通信機器をインターネット接続させる事が可能です。

ワイマックスならば、家庭中の通信機器を同時接続しても、まだまだ余裕がありますね。

ワイマックスの通信速度は遅い!?

ただ、ワイマックスの通信速度は下り40Mbpsですので、ADSLほどの通信速度しかありません。
ですから、今まで固定回線として光回線を使用していた方にとっては、ちょっと物足りないのではないかと言う心配があるでしょう。

ですが、ワイマックス端末にはワイマックス2+と言う通信回線を使用する機能も付いています。
ワイマックス2+の通信速度は110Mbpsですから、実は、光回線と同等の通信速度を持っているのです。
つまり、ワイマックス2+は通信速度が遅いと言う概念を無くしてくれます。

当然ですが、ワイマックス2+を使用しても、別途使用料金が取られる事はありません。
また、契約から25ヶ月間はワイマックス2+にも速度制限がありませんので、安心して通信を行う事が出来ます。

詳しくは、ワイマックスの公式サイトをご覧下さい。

↓ワイマックスの公式サイトはこちら↓
UQ WiMAX

※追記
2015年7月現在、WiMAX 2+は3日間で3GB以上の通信を行うと、翌日、速度制限の対象となる事があります。(回線混雑時に適用)
詳しくは、公式サイトにてご確認下さい。

※当サイトでご紹介している情報の中には、毎月、大幅に内容が変更されるものもございます。その関係上、記事の情報の正確性は保証出来かねます。正確性の高い情報に関しましては、最新記事をご覧頂くか、公式サイトにてご確認下さい。

この記事に関連する記事一覧

WiMAXお勧めのプロバイダーベスト3

GMOとくとくBB WiMAX 2+

GMOとくとくBB WiMAX 2+GMOとくとくBB WiMAX

クレードルセットで高額キャッシュバック!

GMOとくとくBB WiMAX 2+は、圧倒的に高額なキャッシュバックが貰えるプロバイダーです!
WiMAX端末のクレードルセットが貰えるプロバイダーの中で、最もキャッシュバックの金額が高いプロバイダーです。

UQ WiMAX

UQ WiMAX

サポート体制も安心のUQ WiMAXで!

WiMAX回線を管理するUQコミュニケーションズが運用している、UQ WiMAX。
トラブル時のお問い合せサポート体制が、最もしっかりしています。
安心感で選ぶなら、UQ WiMAXが一番です。

RaCoupon WiMAX 2+

RaCoupon WiMAX

月額料金が圧倒的に安いのはRaCoupon WiMAX 2+!

RaCoupon WiMAX 2+は、月額料金が圧倒的に安いプロバイダーです。
最も少ない通信費でWiMAXサービスを利用したい方にとって、お勧めのプロバイダーと言えます。


GMOとくとくBB WiMAX 2+

安心・安定のUQ WiMAX

UQ WiMAX

いらっしゃいませ
新着記事
カテゴリー
SNSボタン
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
RSSを購読

RSS Feed RSS - 投稿

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

4人の購読者に加わりましょう

注意事項

※日付の古い記事に関しては、現状と内容が異なる場合があります。必ず、公式サイトにて現状をご確認下さい。

UQ WiMAX