光 wimax 乗り換え

ジェイ・コミュニケーションのキャッシュバックがより貰いやすく

光ファイバーからWiMAXへの乗り換えを検討中のあなたに

読了までの目安時間:約 11分

光ファイバーからWiMAXへの乗り換えを検討中のあなたに

光ファイバーからWiMAXへ乗り換える

WiMAXには速度制限が無い為、従来のモバイルルーター、最大の弱点を補う事が出来ています。
ですから、他社のモバイルルーターを使用しているユーザーは勿論の事、ADSLや光ファイバーユーザーの方も、WiMAXの存在が気になる所でしょう。

そこで今回は、光ファイバーユーザーの方がWiMAXへ乗り換える場面を想定し、メリット、デメリット、注意すべき点を見て行きたいと思います。
光ファイバーユーザーの方は、ぜひ、参考にして下さい。

光ファイバーからWiMAXへ移行するメリット

では、光ファイバーからWiMAXへ移行する場合、どのようなメリットがあるのでしょうか?
一つ一つ確認して行きましょう。

まず、WiMAX最大のメリットと言えば、持ち運びが出来ると言う事でしょう。
出先のカフェでインターネット等と言う事も出来ますし、営業先にインターネット回線が無くても、WiMAXでインターネットを使いながら説明を行う・・・等と言う事も可能です。

次に大きなWiMAXのメリットとしては、月額使用料金が安いと言う点でしょう。
各プロバイダーによって若干の差はありますが、基本的に、WiMAXの月額使用料金は4,000円以内に収まります。

後に詳しく説明を行いますが、WiMAX端末では光ファイバーと同等の通信速度を出す通信モードもあります。
その通信モードを使用しても、月額使用料金は変わりません。

あなたは光ファイバーの契約に、毎月いくら支払っていますか?
もし、4,000円以上の月額使用料金を支払い続けているのでしたら、WiMAXへの乗り換えを検討する余地は、十分にあります。

WiMAX端末は非常にコンパクトで、光ファイバーで通信を行う際に必要となる、モデムやケーブル等も必要ありません。

ですから、ごちゃごちゃする事もありませんし、掃除も楽です。
ケーブルを痛めてしまった為に、突然、インターネットへの接続が止まる・・・と言った、物理的トラブルもありません。

WiMAXの設置に工事は不要で、引っ越しの際も、面倒臭い手続きや大家への連絡は不要です。

WiMAXと光ファイバーの通信速度を比較

WiMAXと契約を行うと、3種類の通信回線が使用可能になります。
今のWiMAX端末が対応しているのは、WiMAX回線とWiMAX 2+回線、そして、au 4G LTE回線です。
それぞれの通信速度を、光ファイバーと比較しながら確認してみましょう。

通信速度には上り下りのものとがありますが、ホームページを開く際に必要なのは、下りの通信速度です。
光ファイバーの下りの通信速度は、100Mbpsです。

対して、WiMAX回線は40Mbps、WiMAX 2+回線は110Mbps、au 4G LTE回線は75Mbpsの通信速度を出します。

これを固定回線に当てはめると、WiMAX回線はADSL回線、WiMAX 2+回線は光ファイバー回線、au 4G LTE回線はその中間位に当てはまります。

更に、2018年には、WiMAX 2+は1Gbpsにまで通信速度が上げられる予定です。
これは、光ネクスト隼と同等の通信速度です。

ですから、光ファイバーからWiMAXへ乗り換える事で、通信速度が著しく遅くなる・・・等と言った心配は不要なのです。

↓WiMAXに関する詳細情報はこちら↓
UQ WiMAX

WiMAX 2+の電波が来ている地域ですか?

光ファイバーを使用していた方がWiMAXへ乗り換える場合、最初に確認すべき点は、自分の住んでいるエリアがWiMAX 2+の回線に対応しているかどうかです。
WiMAX 2+のサービスは近年始まったばかりな為、まだまだサービスエリアが広いとは言えない状態です。

WiMAX 2+に非対応の地域だと、WiMAXしか受信出来ません。
ですから、光ファイバーに慣れた方の場合、通信速度が遅く感じてしまう事もあるでしょう。

ただし、1台のパソコンをインターネットへ繋げる分には、WiMAXでも、全く不便を感じません。
実際、僕はWiMAXしか対応していない地域に住んでいますが、全く不便を感じていません。

WiMAX 2+に対応しているエリアかどうかを調べる方法

自分が住んでいる場所がWiMAX 2+に対応しているエリアかどうかを調べるには、UQコミュニケーションズが公開している、「サービスエリアマップ&ピンポイントエリア判定」を使用すると良いです。

まずは、「ピンポイントエリア判定」をクリックします。

続いて、「WiMAX2+」をクリックします。

その後、「住所を入力する」欄内に住所を記述するか、「住所リストから探す」の中から、該当するエリアを選択します。

すると、選択したエリアがWiMAX 2+に対応しているかどうか、「」「」「×」で判定されます。

この結果を参考に、WiMAXへ乗り換えるかどうかを判断しましょう。

ただ、ここで表示されている結果が「×」だったからと言って、ずっとWiMAX 2+が使用出来無いと言う訳ではありません。
あくまでも、現時点では対応していないと言うだけであり、後日再び検索をしてみると、「」と表示される事もあります。

WiMAXの基地局は毎日増え続けていますから、気長に待ちましょう。
それまで待てないと言う方は、ひとまずWiMAX回線でインターネットをしておいて、WiMAX 2+回線が対応するまで待つと言うのも悪くないでしょう。

WiMAXにも対応していない地域の方は要注意!

「サービスエリアマップ&ピンポイントエリア判定」でWiMAX対応エリアを調べてみると、WiMAX 2+はおろか、WiMAXの電波さえも来ていないと言う地域も存在します。
そのような地域にお住まいの方の場合、WiMAXの契約を行っても、インターネットは出来ません。

光ファイバーの解約を行ったは良いけどWiMAXが使えないのでは、意味がありません。
ですから、ピンポイントエリア判定で、あなたの住んでいる地域がWiMAXに対応しているかどうかは最低限でも調べましょう。

WiMAXに対応しているエリアを調べる際は、「WiMAX2+」では無く、「WiMAX」を選択します。

光ファイバーの解約時に気を付けるべき事

光ファイバーの契約内容によっては、予め、解約出来る月が決められている事もあります。
それ以外の月で解約を行うと、中途解約と見なされ、違約金を取られる事もあります。

ですから、光ファイバーの契約を解約する前にプロバイダーのホームページへアクセスし、契約内容を確認しましょう。
解約月の表記があれば、その月に解約を行った方が、無駄な解約金を支払わなくて済みます。

光ファイバーの契約とセットでひかり電話の契約を行っている方も、注意が必要です。
光ファイバーを解約すると、ひかり電話の契約も一緒に解約になります。
固定電話が使えなくなりますので、事前に対策を考える必要があります。

対策としては、通常の固定電話の契約をするか、固定電話の設置は考えず、携帯電話のみにするかが一般的でしょう。

変わり種としては、Skypeで電話番号を取得して使うと言う方法もあります。
意外と知られていませんが、Skypeの電話番号サービスは破格的に安いです。

パソコン、スマートフォン、タブレット等、Skypeがインストールされているデバイスがあれば、それが電話の代わりになります。
ただし、いずれかの電源を入れっぱなしにしておかないと、電話の応答が出来ません。
一応、留守番電話サービスの代わりのものもありますので、一度検討してみるのも良いかもしれません。

↓WiMAXに関する詳細情報はこちら↓
UQ WiMAX

※追記
2015年7月現在、WiMAX 2+は3日間で3GB以上の通信を行うと、翌日、速度制限の対象となる事があります。(回線混雑時に適用)
詳しくは、公式サイトにてご確認下さい。

※当サイトでご紹介している情報の中には、毎月、大幅に内容が変更されるものもございます。その関係上、記事の情報の正確性は保証出来かねます。正確性の高い情報に関しましては、最新記事をご覧頂くか、公式サイトにてご確認下さい。

この記事に関連する記事一覧

WiMAXお勧めのプロバイダーベスト3

GMOとくとくBB WiMAX 2+

GMOとくとくBB WiMAX 2+GMOとくとくBB WiMAX

クレードルセットで高額キャッシュバック!

GMOとくとくBB WiMAX 2+は、圧倒的に高額なキャッシュバックが貰えるプロバイダーです!
WiMAX端末のクレードルセットが貰えるプロバイダーの中で、最もキャッシュバックの金額が高いプロバイダーです。

UQ WiMAX

UQ WiMAX

サポート体制も安心のUQ WiMAXで!

WiMAX回線を管理するUQコミュニケーションズが運用している、UQ WiMAX。
トラブル時のお問い合せサポート体制が、最もしっかりしています。
安心感で選ぶなら、UQ WiMAXが一番です。

RaCoupon WiMAX 2+

RaCoupon WiMAX

月額料金が圧倒的に安いのはRaCoupon WiMAX 2+!

RaCoupon WiMAX 2+は、月額料金が圧倒的に安いプロバイダーです。
最も少ない通信費でWiMAXサービスを利用したい方にとって、お勧めのプロバイダーと言えます。


GMOとくとくBB WiMAX 2+

安心・安定のUQ WiMAX

UQ WiMAX

いらっしゃいませ
新着記事
カテゴリー
SNSボタン
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
RSSを購読

RSS Feed RSS - 投稿

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

4人の購読者に加わりましょう

注意事項

※日付の古い記事に関しては、現状と内容が異なる場合があります。必ず、公式サイトにて現状をご確認下さい。

UQ WiMAX