lte wimax2 比較

ジェイ・コミュニケーションのキャッシュバックがより貰いやすく

LTEとWiMAX 2+との違いを比較。どっちが実用的?

読了までの目安時間:約 9分

LTEとWiMAX 2+との違いを比較。どっちが実用的?

LTEとWiMAX 2+の違いを比較

Pocket WiFi(モバイルルーター)の登場で、固定回線から乗り換える人が増えています。
Pocket WiFiの通信規格はLTEが主流ですが、WiMAXと言う通信規格も人気です。

LTEとWiMAX、それぞれの通信規格は似ていますが、違いもあります。
そこで、Docomo系列のXi、SoftBank系列のY!mobile、KDDI系列のWiMAX、それぞれのPocket WiFiのプランを比較してみましょう。

ちなみに、WiMAXの契約を行うと、WiMAXWiMAX 2+au 4G LTEの三種類の回線を利用する事が出来ます。

XiとY!mobile、そして、au 4G LTEはLTE回線、WiMAXとWiMAX 2+はWiMAX回線を使用します。
つまり、WiMAXの端末はWiMAX回線とLTE回線の両方が使用出来るハイブリッド構造となっています。

それを踏まえた上で、LTEとWiMAXの比較表をご覧下さい。

LTEとWiMAXの比較表
通信回線 ダウンロード アップロード 速度制限 制限解除追加料金 月額料金
Xi 150Mbps 50Mbps 1ヶ月で7GB
3日で1GB(混雑時)
2GBごとに2,500円 1,900円
Y!mobile 165Mbps 10Mbps 1ヶ月で7GB
3日で1GB
500MBごとに500円 3,696円
WiMAX 40Mbps 15.4Mbps 無し 無し 3,696円
WiMAX 2+ 110Mbps 10Mbps 3日で1GB(混雑時) 無し WiMAXの料金に含む
au 4G LTE 75Mbps 25Mbps 1ヶ月で7GB
3日で1GB(混雑時)
無し 1,005円(使用した月のみ)

LTEとWiMAX 2+、どっちが実用的?

LTEとWiMAX 2+、それぞれの通信サービスを展開するXiY!mobileWiMAXの比較表をご覧頂きました。
データから色々と読み取れるとは思いますが、実用性を表す上で最も重要なのは速度制限です。

LTEは、ユーザー一人ひとりの通信量に制限を掛けて規制しています。
1ヶ月に7GB、もしくは、3日間で1GB以上の通信を行ったユーザーに対しては、通信速度を128Kbpsに制限する措置を行っています。

多くのユーザーが、高画質な動画を無制限で再生し続けていると、回線全体に負荷がかかってしまいます。
もし、通話分の帯域まで脅かされてしまうと、通信会社は信用問題に関わってしまいます。

ですから、LTEは速度制限を設け、ユーザーの通信量に制限を掛けているのです。

一方、WiMAXはインターネット専用の通信網ですから、通話分の帯域を確保する必要はありません。
ですから、ある程度、通信量には余裕があります。
その結果、WiMAXには速度制限が設けられていないのです。

そうなると、気になって来るのが、1ヶ月に7GB、もしくは、3日間で1GBの通信量が、一体どれほどのものなのかと言う事です。

分かりやすいのが動画でしょう。
YouTubeのHD動画を2時間見続けると、それだけで7GBを超えてしまいます。
たった2時間で、1ヶ月分の通信料を使いきってしまうのです。

また、僕のように朝から晩までインターネットを使用し続けるようなヘビーユーザーの場合、2日半で7GBの通信量を超えてしまいます。
ですから、7GBの通信量は、家のメイン回線としては全然足りません。
複数人でインターネットを楽しむ場合は、もっと早く7GBの通信量に到達してしまうでしょう。

自宅には光回線やADSLが引いてあり、あくまでも外用としてPocket WiFiを使用する分には問題無いでしょう。
ただし、通信料を二重払いしているようなものになりますから、非常に勿体無いです。
WiMAXならば、光回線やADSLは不要となり、通信費の節約になるのですが・・・。

と言う事で、LTEとWiMAXのどちらが実用的かと問われると、断然、WiMAXの方が実用的なのです。

↓WiMAXに関する詳細情報はこちら↓
UQ WiMAX

WiMAX 2+の通信速度は遅い!?

LTEとWiMAXの比較表をご覧頂いたと思います。
スペック上では、XiやY!mobileの通信速度よりも、WiMAX 2+の通信速度の方が遅いです。

とは言え、WiMAX 2+の通信速度は、光回線とほぼ同等の通信速度なのです。
光回線の通信速度が遅いと言う話は、あまり聞いた事がありませんよね?

そうなのです。
WiMAX 2+の通信速度である110Mbpsは、十分過ぎる通信速度なのです。
それどころか、WiMAXの通信速度である40Mbpsでも、既に、十分な通信速度を確保する事が出来るのです。

WiMAXの通信速度はADSLと同等なのですが、このネット環境でも普通に動画が観れますし、Skypeも問題無く通話出来ます。
実は、WiMAX 2+や光回線の通信速度は、オーバースペック気味なのです。
ましてや、XiやY!mobileほどの通信速度は、実際、必要無いのです。

とは言え、通信業界は高速通信化の方向へと進んでいて、WiMAX 2+も2015年には通信速度が220Mbpsに引き上げられ、2018年には、光ネクスト隼と同等の通信速度である1Gbpsになる予定です。
そこまで通信速度を速くして、一体何が変わるのかは分かりませんけどね・・・。

WiMAX 2+は室内使用に向いていない!?

WiMAXやWiMAX 2+の回線は高周波数帯域を使用しています。
その性質上、障害物に当たると反射をしてしまいます。
ですから、室内に電波が届きにくいと言う問題を持っています。

一方、LTEはプラチナバンドと呼ばれる低周波数帯域を使用しています。
その性質上、障害物にぶつかっても、そのまま貫通したり、回り込んだりします。
ですから、室内でも電波が届きやすいと言う特性を持っています。

では、WiMAX 2+は室内では使用出来ないのかと言うと、そうでもありません。
WiMAXの基地局は、急速な早さで増えています。
ですから、室内でも、きちんとWiMAXの電波は届きます。

仮に、WiMAXの電波が届かなくても、WiMAX端末はau 4G LTE通信の切り替えが出来るようになっています。
ですから、WiMAXの契約を行ったのに、WiMAX端末が通信出来無いだとか、そう言う事はありません。

詳しくは、WiMAXの公式サイトをご覧下さい。

↓WiMAXの公式サイトはこちら↓
UQ WiMAX

※追記
2015年7月現在、WiMAX 2+は3日間で3GB以上の通信を行うと、翌日、速度制限の対象となる事があります。(回線混雑時に適用)
詳しくは、公式サイトにてご確認下さい。

※当サイトでご紹介している情報の中には、毎月、大幅に内容が変更されるものもございます。その関係上、記事の情報の正確性は保証出来かねます。正確性の高い情報に関しましては、最新記事をご覧頂くか、公式サイトにてご確認下さい。

この記事に関連する記事一覧

WiMAXお勧めのプロバイダーベスト3

GMOとくとくBB WiMAX 2+

GMOとくとくBB WiMAX 2+GMOとくとくBB WiMAX

クレードルセットで高額キャッシュバック!

GMOとくとくBB WiMAX 2+は、圧倒的に高額なキャッシュバックが貰えるプロバイダーです!
WiMAX端末のクレードルセットが貰えるプロバイダーの中で、最もキャッシュバックの金額が高いプロバイダーです。

UQ WiMAX

UQ WiMAX

サポート体制も安心のUQ WiMAXで!

WiMAX回線を管理するUQコミュニケーションズが運用している、UQ WiMAX。
トラブル時のお問い合せサポート体制が、最もしっかりしています。
安心感で選ぶなら、UQ WiMAXが一番です。

RaCoupon WiMAX 2+

RaCoupon WiMAX

月額料金が圧倒的に安いのはRaCoupon WiMAX 2+!

RaCoupon WiMAX 2+は、月額料金が圧倒的に安いプロバイダーです。
最も少ない通信費でWiMAXサービスを利用したい方にとって、お勧めのプロバイダーと言えます。


GMOとくとくBB WiMAX 2+

安心・安定のUQ WiMAX

UQ WiMAX

いらっしゃいませ
新着記事
カテゴリー
SNSボタン
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
RSSを購読

RSS Feed RSS - 投稿

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

4人の購読者に加わりましょう

注意事項

※日付の古い記事に関しては、現状と内容が異なる場合があります。必ず、公式サイトにて現状をご確認下さい。

UQ WiMAX