hwd15 評判

ジェイ・コミュニケーションのキャッシュバックがより貰いやすく

HWD15の評判と特徴を従来端末と比較しながらまとめました

読了までの目安時間:約 10分

HWD15の評判と特徴を従来端末と比較しながらまとめました

HWD15の評判は?

2014年8月1日に、WiMAXの新端末HWD15が発売になりました。
このWiMAX端末ですが、HWD14の後継機に当たる端末です。

HWD15の評判ですが、HWD14と比べて、随分と繋がりやすくなったと評判です。
これは、WiMAXハイパワーに対応したところが大きいでしょう。

ただ、一方で、ひっそりと非対応となった機能もあります。

1つ目が、ワイヤレス充電の機能です。
恐らく、HWD15がクレードルに対応したので、この機能は必要無いと判断されたのでしょう。
後述しますが、WiMAX電波の受信状態の向上を考えると、WiMAX端末を寝かせるワイヤレス充電よりも、WiMAX端末を立たせるクレードルの状態の方が、条件が良いのです。

とは言え、ワイヤレス充電の機能が無くなった事への悪い評判などは見当たりませんでした。
実は、ワイヤレス充電はあまりありがたがれていた機能では無かったのかもしれませんね。

2つ目が、HWD15では5GHz帯無線通信に非対応となっている点です。

NAD11では対応している5GHz帯の無線通信ですが、実は、この電波帯域は、電波法により、屋外での使用が禁止されています。

ですから、NAD11で5GHz帯を使用する際は、屋内使用を促すメッセージが表示されます。

一方、HWD15では、自主規制なのか、5GHz帯を使用するメニューが見当たりません。
通信速度が若干速くなると言うメリットがあるので、無いよりは、あった方が良いのですが・・・。

5GHz帯の無線通信に関しては、ほんの少しではありますが、残念がる口コミもあります。
とは言え、大半の方が、ここまで細かい事を気にしていないと言うか、知らないと思います。
ですから、大騒ぎになるほどのデメリットとはなっていません。

↓HWD15の詳しいスペックは公式サイトにて↓
UQ WiMAX

HWD15が対応している通信回線は?

HWD15が対応している通信回線は、WiMAXWiMAX 2+au 4G LTEの3回線です。

それに加え、au Wi-Fi SPOTも無料で使用する事が出来ます。

ですから、単純に、HWD15はHWD14が進化したものだと考えて問題ありません。

ノーリミットモードハイスピードモードハイスピードプラスエリアモードの3モードが設定出来る点も、HWD14と同じです。

HWD15はWiMAXハイパワーに対応!

HWD14に対応していなかったWiMAXハイパワーですが、HWD15では、WiMAXハイパワーに対応しています。
WiMAXハイパワーとは、受信したWiMAXの電波を増幅する機能の事です。

ですから、WiMAXの受信状態が安定し、通信状況が向上すると言うメリットがあります。
その結果、HWD15が繋がりやすいと評判になっている訳です。

実質的な話ですが、僕が以前レンタルしていたHWD14では、自宅のWiMAXの受信状況は、アンテナが3~4本しか立ちませんでした。

一方、HWD15を購入したところ、WiMAXの受信状況は、アンテナが4~5本立ちます。

体感的な通信速度で言うと、HWD14でも普通に通信出来ていましたから、ほとんど違いは分かりません。
ただ、更にWiMAXの受信状態が悪いエリアに住んでいる方であれば、この違いが体感出来るでしょう。

HWD15はクレードルに対応!

HWD15は、専用のクレードルが発売されています。
クレードルとは、充電台のようなものです。

クレードルにHWD15をセットすると、ディスプレイの表示が横向きに変わります。
時計表示が常時点灯されるので、HWD15が置き時計代わりになります。

常に通電される状態が続くので、急に電池が切れて、通信が落ちると言った心配はありません。
また、HWD15のアンテナの位置が地面から離れるので、WiMAXの電波の受信状況も向上します。

更に、クレードルにはEthernetポートが一つ用意されています。

ここにLANケーブルを挿す事で、アクセスポイントとして有線通信を行う事も可能です。

更に、無線通信機能の無いテレビなどを、インターネット接続するのにも役立ちます。

通常、HWD15は10台の通信機器までしかインターネットに同時接続する事が出来ません。

ただ、クレードルを使用すれば、合計11台の通信機器をインターネットに同時接続する事が可能となります。

HWD15では連続通信時間が向上!

HWD15は、従来のWiMAX端末と比べ、大幅に連続通信時間が向上しています。
具体的には、10時間50分もの間、連続的にインターネットに接続する事が出来ます。

また、設定を変更すれば、更に連続通信時間を伸ばす事も可能です。

とは言え、外出時の使用目的を考えれば、10時間50分も電池が持てば、それで十分だとも言えるでしょう。

使用端末はHWD15で決まり!

WiMAX 2+のプランを契約時、HWD15HWD14NAD11のWiMAX端末の中から、一つの端末を選んで購入する形を取ります。

それぞれのWiMAX端末の特徴をまとめると、以下の通りです。

WiMAX
端末名
通信回線 WiMAX
ハイパワー
クレードル 特徴
HWD15 WiMAX、WiMAX 2+、au 4G LTE 対応 対応 連続通信時間が最長。
HWD14 WiMAX、WiMAX 2+、au 4G LTE 未対応 未対応 ワイヤレス充電に対応。
NAD11 WiMAX、WiMAX 2+ 対応 対応 WiMAX端末が薄い。
5GHz帯無線通信に対応。

それぞれ、多少の特徴はあるものの、3つの通信回線に対応し、なおかつ、クレードルWiMAXハイパワーにも対応しているHWD15が、最もお勧めのWiMAX端末と言えます。
僕が愛用しているのもHWD15ですが、今のところ、不満はありません。

HWD15や、その他WiMAX端末の詳細なスペックに関しては、公式サイトにてご確認下さい。

↓WiMAXの公式サイトはこちら↓
UQ WiMAX

※追記
2015年7月現在、WiMAX 2+は3日間で3GB以上の通信を行うと、翌日、速度制限の対象となる事があります。(回線混雑時に適用)
詳しくは、公式サイトにてご確認下さい。

※当サイトでご紹介している情報の中には、毎月、大幅に内容が変更されるものもございます。その関係上、記事の情報の正確性は保証出来かねます。正確性の高い情報に関しましては、最新記事をご覧頂くか、公式サイトにてご確認下さい。

この記事に関連する記事一覧

WiMAXお勧めのプロバイダーベスト3

GMOとくとくBB WiMAX 2+

GMOとくとくBB WiMAX 2+GMOとくとくBB WiMAX

クレードルセットで高額キャッシュバック!

GMOとくとくBB WiMAX 2+は、圧倒的に高額なキャッシュバックが貰えるプロバイダーです!
WiMAX端末のクレードルセットが貰えるプロバイダーの中で、最もキャッシュバックの金額が高いプロバイダーです。

UQ WiMAX

UQ WiMAX

サポート体制も安心のUQ WiMAXで!

WiMAX回線を管理するUQコミュニケーションズが運用している、UQ WiMAX。
トラブル時のお問い合せサポート体制が、最もしっかりしています。
安心感で選ぶなら、UQ WiMAXが一番です。

RaCoupon WiMAX 2+

RaCoupon WiMAX

月額料金が圧倒的に安いのはRaCoupon WiMAX 2+!

RaCoupon WiMAX 2+は、月額料金が圧倒的に安いプロバイダーです。
最も少ない通信費でWiMAXサービスを利用したい方にとって、お勧めのプロバイダーと言えます。


GMOとくとくBB WiMAX 2+

安心・安定のUQ WiMAX

UQ WiMAX

いらっしゃいませ
新着記事
カテゴリー
SNSボタン
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
RSSを購読

RSS Feed RSS - 投稿

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

4人の購読者に加わりましょう

注意事項

※日付の古い記事に関しては、現状と内容が異なる場合があります。必ず、公式サイトにて現状をご確認下さい。

UQ WiMAX