ジェイ・コミュニケーション キャッシュバック

ジェイ・コミュニケーションのキャッシュバックがより貰いやすく

WiMAXの電波の受信具合を良くする為の方法

読了までの目安時間:約 4分

WiMAXの受信具合が悪い、そんな時は?

WiMAXは、無線を使ってインターネットを行う通信方式のインターネットサービスです。
無線を使用する関係上、WiMAXの電波の受信具合が悪いと、通信速度が落ちてしまいます。
そこで、WiMAXの電波の受信具合を良くする為の方法をご紹介します。

WiMAXの受信具合を良くする為の方法

ポイントとなるのは、WiMAX端末の設置場所、WiMAX端末の機種、電波を効率良く受信する為の工夫、そして、通信回線です。
これから、詳しくご紹介します。

UQ WiMAX

WiMAXの設置場所を変えてみる

WiMAXの電波は、高周波数の帯域を使用しています。
通信速度が速いと言う特徴がある一方で、障害物にぶつかると反射してしまいやすいと言う性質も持っています。

ですから、WiMAXの電波は、奥まった部屋の中では受信しにくいです。
通信速度が大幅に遅いと言う方の場合、WiMAX端末にまでWiMAXの電波が十分届いていない可能性があります

窓際にWiMAX端末を設置

とは言え、WiMAX端末の設置場所を少しずらすだけでも、受信具合は変わって来ます
ですから、WiMAXの受信具合が不十分な方は、まず、WiMAX端末の設置場所を変えてみる事をお勧めします。

特にお勧めなのが、窓際にWiMAX端末を設置すると言う方法です。
窓際なら障害物がありませんから、外からWiMAXの電波を受信しやすくなります。

WiMAXハイパワー対応機種を使用する

WiMAX端末の中には、WiMAXハイパワーに対応しているWiMAX端末もあります。

WiMAXハイパワーとは、総務省令の規制緩和に対応し、送信具合が強化されたWiMAX端末の事です。
WiMAXハイパワーに対応する事で、従来のWiMAX端末と比べ、一回り、WiMAXの受信可能エリアが広くなっています

WiMAXハイパワー

WiMAXハイパワーに対応しているWiMAX端末は、現在売りだされているものの中に二種類あります。
それは、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15とWi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11です。
ですから、WiMAX端末は、このどちらかのWiMAX端末を選ぶようにしましょう。

HWD15

パラボラアンテナを自作する

WiMAXの受信具合が良くない場合、パラボラアンテナを自作して、受信具合を良くすると言う方法もあります。

パラボラアンテナ

パラボラとは言っても、特に難しい工作を行っている訳ではありません。
台所にある金属製ボウルを直立させ、その中にWiMAX端末を設置するだけです。

金属製ボウルがWiMAXの電波を反射して、WiMAX端末に電波を集めてくれます
その結果、WiMAXの受信状態が向上するのです。

金属製ボウルでワイマックスの電波を集める

実際にこの方法を採用している方もいますので、一度試してみてはいかがでしょう?

au 4G LTEでインターネットを行う

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15と言うWiMAX端末は、au 4G LTEと言う通信回線に対応しています。
この回線は、auの基地局を使ってインターネットを行う事が出来ます。
つまり、WiMAXの基地局が無い場所でも、インターネットを行う事が可能です。

また、プラチナバンドと言う周波通帯域を使用している関係上、奥まった部屋の中でも繋がりやすい特性を持っています

ですから、WiMAXが繋がらないと言う場合でも、au 4G LTEは繋がると言うケースは少なく無いです。

auの電波は受信出来る!?

ただし、au 4G LTEはauの回線を使用する関係上、色々な条件があります
詳しくは、UQ WiMAXの公式サイトをご覧下さい。

UQ WiMAX

WiMAX 2+サービスの評判はどれくらい?サービスの利点は?

読了までの目安時間:約 4分

UQ WiMAXの評判は?

WiMAX 2+サービスの評判についてご紹介します。
また、サービスの利点についてもご紹介します。

UQ WiMAXの評判は?

UQ WiMAXの評判と言えば、モバイルインターネットサービスとしての利便性が挙げられます。
特に評判なのが、回線工事が不要だと言う点です。
回線工事費が掛かりませんし、WiMAX端末が届いてすぐに、インターネットを始める事が出来ます

光回線のように大家の許可もいらなければ、工事に立ち合う必要もないです。
引越しの際も、そのまま引越し先でインターネットを始める事が出来ます。
こう言ったお手軽さが、WiMAXが評判な理由となります。

ですから、色々と制約のある固定回線より、自由度の高いWiMAXが選ばれる事が多くなって来ています。
より利便性の高いインターネットサービスをとお考えの方にこそ、WiMAXサービスをお勧めします。

UQ WiMAX

WiMAXサービスの通信環境は?

ご紹介したように、WiMAXサービスは無線を使ったモバイルインターネットサービスの一種です。
モバイルインターネットサービスと言うと、通信が不安定なのではないか、通信速度が遅いのではないか、速度制限が厳しいのではないのかと言った部分が不安材料となります。
ですが、WiMAXサービスならそう言った心配は不要です。

と言うのも、WiMAXの基地局の数は年々増えていますし、人口カバー率99%のau 4G LTEに対応しています。
ですから、通信の安定性への不安は不要です。

また、通信速度に関しても、今のWiMAX端末の下り最大通信速度は370Mbpsにまで向上しています。
以前の光回線の通信速度が100Mbpsだった事を考えると、この通信速度は十分過ぎる通信速度だと言えるでしょう。

WiMAXサービスの速度制限は?

WiMAXサービスの速度制限は、他のモバイルインターネットサービスと比べると緩めになっています。
完全に速度制限がないと言う訳ではありませんが、ギガ放題プランに申し込む事で、実用上問題のないレベルの速度制限に留める事が可能です。

実用上問題のないレベルでの速度制限

WiMAXサービスに適用される速度制限は、月間のデータ利用量による速度制限と混雑回避のための速度制限の2種類のものがあります。
ギガ放題プランに申込んだ場合、月間のデータ利用量による速度制限はハイスピードプラスエリアモードを1ヵ月に7GB以上使用しない限りは適用されません

月間のデータ利用量による速度制限が適用された場合、通信速度は128Kbpsにまで制限されてしまいます。
この厳しい速度制限の適用が限定的になりますので、そこがギガ放題プランの魅力と言えます。

ギガ放題プランの魅力

一方、混雑回避のための速度制限に関しては、ギガ放題プランにも普通に適用されます。
ですが、適用されても動画が視聴出来るレベルの通信速度は維持されます。
ですから、実用上大きな影響の出るほどの速度制限ではありません。

ここが、WiMAXサービスが評判な理由と言えます。
厳しい速度制限は適用されず、ハイスピードプラスエリアモードを利用し過ぎなければ、固定回線としてWiMAXサービスを利用する事も可能です。

UQ WiMAX

WiMAXの端末の故障対応は?

読了までの目安時間:約 4分

WiMAX端末が故障してしまった場合は?

WiMAX端末の契約は2年間契約が基本です。
契約期間中に解約手続きを行うと解約手数料が取られてしまいますので、基本的に、途中で解約手続きを行うのは損です。

そんな状態ですから、契約期間中にWiMAX端末が故障すると言う事態は避けたいところです。
WiMAX端末が故障してしまっても、契約期間中は月額料金が発生します

WiMAX端末が故障中も月額料金が発生する

そこで気になるのが、WiMAXの契約期間中に端末が故障してしまった場合の対応です。

とは言っても、この部分、実は、契約しているプロバイダーによって、対応がピンきりです。
WiMAX端末の修理保証が料金プランの中に組み込まれているプロバイダーもあれば、有料サポート扱いになっているプロバイダーもあります。

ですから、プロバイダーとの契約前に、一度、保証制度に関しては確認する必要があります。

WiMAXプロバイダーの保証制度を確認

ただ、いずれのプロバイダーと契約を行っても、WiMAX端末自体に、メーカー保証期間が一年間付いています
自然故障に限られていますが、WiMAX端末の調子が悪い場合でも、諦めずに手続きを行ってみましょう。

UQ WiMAX

WiMAX端末が故障した場合の手続きは?

WiMAXのプロバイダーの中には、プロバイダー自体が修理の窓口となっているところがあります。
そう言うプロバイダーと契約をしている場合は、故障しているWiMAX端末を郵送する必要があります
修理が終わったら、WiMAX端末が郵送されて来ます。

WiMAX端末は郵送でやり取り

この間、WiMAXが使用出来無くなりますが、代替機はありません
ですから、自分でインターネット環境を用意する必要があります。

auショップに持ち込める場合も・・・

一方、プロバイダー自体は修理の窓口となっておらず、代わりに、auショップが修理の窓口になっているプロバイダーもあります。
その場合、auショップにWiMAX端末を持ち込む必要があります

WiMAXをauショップへ持ち運ぶ

ただ、こちらの場合、代替機を借りる事が出来るとの口コミもあります。
私はこのサービスを利用した事がありませんので、実際どうなのかは不確かですが、そう言う事が出来る場合もあるようです。

WiMAX端末はそう壊れるものでは無い

冒頭で、WiMAX端末が壊れるリスクについてご紹介しました。
とは言え、WiMAX端末は、そう簡単に壊れるものではありません

WiMAX端末はそう簡単に壊れない

ですから、一度も修理のお世話にならずに、契約期間が終わる方も少なく無いです。
私もWiMAX歴3年に入りますが、一度も修理のお世話になった事はありません。

ですから、過敏に恐れる必要はありません。
大抵のトラブルは、簡単な対処法で直ります。
基本的に、契約しているオペレーターとのやり取りで解決出来る事が多いです。

オペレーターとのやり取りでWiMAXの不具合を解決

ちなみに、オペレーターの対応が一番しっかりしているプロバイダーは、UQ WiMAXです。
これと言ったプロバイダーを決めていない方は、UQ WiMAXと契約しておけば、まず、問題はありません。
詳しくは、UQ WiMAXの公式サイトをご覧下さい。

UQ WiMAX

WiMAXサービスと光回線サービスとを比較。それぞれの特徴は?

読了までの目安時間:約 4分

WiMAXサービスの特徴

WiMAXサービス光回線サービスとを比較します。
それぞれの特徴を把握した上で、ご自身の使用用途にあっているサービスを利用しましょう。

まずWiMAXサービスの特徴ですが、無線を介してインターネットへと接続するモバイルインターネットサービスの一種となります。
無線ですから、回線工事は不要です。
WiMAX端末が郵送されて来た段階から、インターネット生活を始める事が出来ます。

WiMAX端末が郵送されて来た段階でインターネット開始

また、回線工事が不要と言う事で、回線工事費も不要です。
そして、賃貸に住んでいる方であれば、家主の許可も不要です。

WiMAXサービスの強みは他にもあって、インターネット環境を持ち歩けると言う点が大きな強みと言えます。
ですので、WiMAX端末を携帯していれば、いつでもどこでもインターネットを行う事が出来ます

WiMAXサービスはどこでも利用出来る

また、WiMAXサービスの月額料金は安いので、通信費の節約にもなります。
例えば、家では固定回線代わり、外ではスマートフォンをインターネットへ接続する際にWiMAXサービスを活用する事も出来ます。
こう言う使用方法であれば、スマートフォンのパケット代を必要最小限に減らす事が出来ます

UQ WiMAX

auひかりの特徴

続いて、WiMAXサービスはau系列のモバイルインターネットサービスですから、光回線としてはauひかりで比較を行いたいと思います。
auひかりの特徴としては、通信速度の速さ通信の安定性通信量が無制限だと言う点が挙げれます。

使いたい放題のインターネット回線

つまりは、ハードな使用方法に適しているのがauひかりと言う事になります。
例えば、オフィスやパソコン教室、大家族など、一度に複数台のパソコンを同時使用する場合は、WiMAXサービスだと心もとないです。
そこで、auひかりの方が使用用途に向いていると言えます。

auひかり

WiMAXサービスでもそこそこ使える?

ご紹介して来た通り、大容量通信向きなのがauひかりサービスで、利便性はWiMAXサービスと言う選び方をすると良いです。

とは言っても、WiMAXサービスもある程度の使い方は出来ます。
モバイルインターネットサービスの中では最も速度制限の規制が緩いインターネットサービスですから、固定回線代わりに使用している方も少なくないです。

Speed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W03 cradle set

では、WiMAXサービスが良いのか、auひかりの方が良いのかの判断基準ですが、動画を同時に3つ視聴する事があるかどうかで判断する方法がお勧めです。
WiMAXサービスには、混雑回避の為の速度制限と言う速度制限が適用されてしまうケースが多いです。
その際、動画を2つ同時に視聴出来る程度のレベルでの速度制限が適用されます。

混雑回避の為の速度制限が適用された場合、動画2つは同時再生出来ますが、3つは流石に無理です。
3つ同時再生しようとすると、動画がカクカク再生になってしまいます。
ですから、3つ動画を同時再生する事があるかどうかが判断基準としてお勧めなのです。

動画の視聴がポイント

同時再生しても動画は2つまでだと言う方であれば、利便性の高いWiMAXサービスの方を利用するのをお勧めします。

UQ WiMAX

UQ WiMAXとPCのセットで、少しでも良い条件のネット環境を

読了までの目安時間:約 4分

UQ WiMAXとPCのセット買取がお買得!

UQ WiMAXとPCのセット買取が、現在、お買得になっております。
なぜなら、たったひと月556円の支払いでASUS Eeebook X205TAを購入出来るキャンペーンを、UQ WiMAXが実施しているからなのです。

ASUS EeeBook X205TA

支払い日数は2年間なので、総額13,344円です。
しかも、WiMAX機器とのセット買取額が4,000円なのです。
つまり、総額17,344円でWiMAX機器とASUS Eeebook X205TAを入手する事が出来てしまいます

また、WiMAX機器のクレードルセット買取をセレクトしたならば、セット販売額が6,000円になります。
つまり、総額19,344円でWiMAX機器のクレードルセットとASUS Eeebook X205TAを入手する事が出来てしまいます

余談ですが、ASUS Eeebook X205TAをAmazonで買い求めたら、49,700円必要です。
また、WiMAX機器の平常価格は20,000円です。
WiMAX機器のクレードルセットは、平常価格が22,750円です。

プロバイダーのお得なキャンペーン

加えて、いずれのキャンペーンをセレクトした時でも、3,000円分の商品券が付いて来ます。

従って、UQ WiMAXとPCのセット買取を選択した場合、55,356円分ものお得感があります。
また、WiMAX機器のクレードルセット買取を選択した場合、56,106円分ものお得感があります。

より詳しい情報に関しては、UQ WiMAXのオフィシャルサイトにてご確認下さい。

UQ WiMAX

ASUS Eeebook X205TAとWiMAX機器の組み合わせは最高?

ASUS Eeebook X205TAとWiMAXとのセット発売が行われているその訳ですが、組み合わせ時のパフォーマンスが最高だからです。
その理由は、ASUS Eeebook X205TAの性能を確認すれば分かります。

お手軽なPC

ASUS Eeebook X205TAの厚みは17.5mmしかありません。
また、重量はだいたい980g位のものです。
すなわち、ASUS Eeebook X205TAは持ち運びの際に負担にならないサイズのPCなのです。

好きな場所でインターネット

その上、ASUS Eeebook X205TAはおおよそ11.3時間バッテリーが持ちます。
すなわち、WiMAX機器と五分五分のバッテリー量と言う訳です。
そんな状態なので、電源の気掛かりなく好きな場所でインターネットを楽しむ事が出来ます

タブレットと同等の気軽さを持つASUS Eeebook X205TA。
WiMAX機器に伴って持ち運び、より身近なインターネット環境を手にすると良いでしょう。

商品券を入手するまでの過程

最初にお伝えした通り、クレードルが有る場合と無い場合に関係なく、いずれのキャンペーンをセレクトした時でも、3,000円分の商品券が貰えます。

商品券のプレゼント

商品券は、申し込み翌月末迄には郵送されて来ます
受け取る為の特別な手続きはありませんので、ただ待っていれば良いです。
ですから、基本的には、貰えないと言うリスクがありません

配達

商品券は、WiMAXの契約を行った先の住所に郵送されて来ます
引っ越し等により届かなかった場合、1ヶ月の猶予期間がありますが、その後、商品券を受け取る権利は無くなってしまいます。

そうならないように、くれぐれも気を付けたい所です。

その他、詳細情報に関しては、UQ WiMAXのオフィシャルサイトをご覧下さい。

UQ WiMAX

WiMAXと4G対応のルーターWi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15

読了までの目安時間:約 5分

4G対応のWiMAX端末は?

速度制限が無い唯一のモバイルインターネットサービスと言う事で大人気のWiMAXサービス。
WiMAXの契約を行うと、同時に、WiMAXルーターの購入も行います。

現在購入出来るWiMAXルーターは、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15とWi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11の2種類です。
その中でも、au 4G LTEに対応しているWi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15についてご紹介します。

HWD15

au 4G LTEとは、auのLTE通信を行う機能の事です。
4Gと付いていますが、これは4th Generationの略称で、第4世代移動通信システムの事です。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15のau 4G LTE機能の特徴ですが、auの回線を使用すると言う事で、WiMAXよりも広いエリアで繋がると言う特徴があります。
と言うのも、auの基地局の数の方が、WiMAXの基地局の数よりも圧倒的に多いからです。

また、LTE通信はプラチナバンドを使用している関係上、障害物を回り込んだり、貫通したりしやすい性質を持っています。
障害物に反射しやすいWiMAXと比べると、その分通信可能エリアが広いと言う特徴も持っています。

ですから、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の方が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11よりも広いエリアでインターネットに接続する事が出来ます

UQ WiMAX

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルに対応!

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルに対応しています。
クレードルとは、WiMAXルーター用の充電台の事です。

HWD15のクレードルセット

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15をクレードルにセットすると、通電状態が維持されます
ですから、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15のバッテリー切れを気にする事無く、インターネットを行う事が出来るようになります

また、LANケーブルを挿す事が出来る部分もクレードルにはありますので、有線通信を行う事が出来ます
その結果、安定的で高速な通信を行う事が出来ようになります

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワー対応

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15は、WiMAXハイパワーにも対応しています。
これは何かと言うと、総務省令の変更に対応し、通信状態が強化されたWiMAXルーターの事です。

WiMAXハイパワー

通信状態が強化された事で、従来のWiMAXルーターと比べて、一回り広いエリアでWiMAXの通信を行う事が出来ます

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はバッテリーの持ちが良い!

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15は、バッテリーの持ちが大幅に強化されました
その結果、WiMAX 2+を連続して使用していても、10時間50分バッテリーが持ちます。

HWD15のバッテリーは長持ち!

外に持ちだしてインターネットを行う場合、実際は連続してインターネットを行う事も無いでしょう。
ですから、実質のバッテリーの持ちは、もっと伸びます

また、WiMAXルーターの設定を変更する事で、更に通信時間は伸ばす事も可能です。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15は多機能ルーター

ご紹介して来たように、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15は広いエリアで繋がりやすく、しかも、色々な機能を持っています
利便性の高いWiMAXルーターですので、お勧めのWiMAXルーターです。

HWD15

詳しい情報は、UQ WiMAXの公式サイトにてご確認下さい。

UQ WiMAX

UQWiMAXをレンタルする前に、ぜひ、知っておきたい事

読了までの目安時間:約 7分

UQWiMAXがレンタル出来る!?

WiMAXは、基地局から飛んでいる電波を介してインターネットに接続します。
ですから、基地局の電波がきちんと届かない地域でWiMAXを使用すると、インターネットの接続が上手く行かないと言うトラブルが起きてしまいます

WiMAXの契約を行ったは良いですが、実際に機器を使用してみても電波が届かないのでは、意味がありません
そこが、ユーザーとしては、WiMAXの契約の際の不安材料となる部分でしょう。

電波、受信出来てる?

ですから、UQコミュニケーションズでは、Try WiMAXと言うWiMAXのレンタルサービスを行っています。
無料でサービスを受ける事が出来ますから、活用してみるのも良いかもしれません。

Try WiMAX

UQWiMAXの電波状況を確認しましょう。

とは言うものの、WiMAXをレンタルするには、一定条件があります。
また、多少の手間がかかりますし、場合によってはリスクも発生します

ですから、いきなりWiMAXのレンタルサービスに申し込むのでは無く、まずは、あなたがお住まいの地域の電波状況を確認してみましょう。
ひょっとすれば、レンタルサービスを利用する間でも無く、確実に電波が来ているのが確認出来るかもしれません。

UQコミュニケーションズでは、公式ホームページで以下のようなデータが公開されています。

ピンポイントエリア判定」をクリックして下さい。

ピンポイントエリア判定

住所を入力する」に住所を記入するか、「住所リストから探す」の中から、該当するエリアを選択して下さい。

該当エリア

判定結果が「○ △ ×」で表示されます。
判定が「」でしたら、わざわざWiMAXのレンタルサービスを利用しなくとも、安心してWiMAXの契約を行えます。

エリア判定結果

UQ WiMAX

UQWiMAXをレンタルするには?

判定が「○~△」や「」でしたら、実際にWiMAXの機器を使用してみて、実用に耐える事の出来る状態かどうかを確認する必要があるでしょう。
例えば、窓際にWiMAXの機器を置けば、受信が良くなる事もあります

微妙な判定結果

こう言ったテストを行うのに、UQコミュニケーションズのWiMAXのレンタルサービスはとてもありがたいサービスです。

とは言うものの、UQコミュニケーションズでWiMAXをレンタルするには、申込者の年齢が20歳以上でなければなりません
そして、WiMAXをレンタルする際にクレジットカードの登録が必須ですから、クレジットカードを持っていなければなりません

WiMAXのレンタルに関わる登録料や通信料、レンタル料や配送料などの費用はかかりません
完全無料でWiMAXをレンタル出来るのですが、機器の返却日を延滞したり、破損や紛失をしてしまうと、端末代金がクレジットカードから引き落とされてしまいます

弁償代が発生!?

そう言う目的で、クレジットカードの登録が必要となっているのです。

UQコミュニケーションズのWiMAXをレンタルするには、UQコミュニケーションズのホームページで申し込みを行う必要があります。
WiMAXを販売している販売店での申し込みは出来ません

ホームページで申し込みを行い、郵送でやり取りをする形式となります。

WiMAXのレンタル期間に要注意!

UQコミュニケーションズでWiMAXをレンタル出来る期間は15日間です。
15日間とは言っても、機器発送日から機器返却到着日までの15日間です。

WiMAXを申し込むと、申し込み日から2日以内に機器が発送されます。
ここから、15日間のカウントが始まります

あなたの手元にWiMAXが届き、実際に使えるかどうかを試す事が出来ます。

その後、インターネットから集荷の申し込みを行うと、宅配業者がWiMAXの回収に来ます
そして、WiMAXがUQコミュニケーションズに返却されます。
ここまでが、15日間で行われる必要があるのです

Try WiMAXの期間

返却期限日必着で機器を返却する必要がありますから、実質、WiMAXを試せる期間はもっと短いと言う事です。
あなたの手元にWiMAXを15日間置いておけると言う意味ではありませんから、勘違いしないようにしましょう。

ちなみに、返却日を延滞すると、予め登録しておいたクレジットカードから、端末代が引き落とされてしまいます
ほんの数日しか使用していないのに端末代を支払わされ、手元には何も残らない・・・そう言った事にならないように、余裕を持って、期日はしっかりと守りましょう。

延滞すると・・・

とは言え、通信速度のチェックには映画を1本観れば十分でしょう。
支障無く動画を観る事が出来れば、実用面での心配は無いと言えます。

ですから、別に、何日間もWiMAXをレンタルし続ける必要はありません。
そう考えれば、15日間と言うのは、十分過ぎる期日だとも言えます。

その他、WiMAXのレンタル時に注意すべき事は?

UQコミュニケーションズでWiMAXを無料レンタル出来るとなれば、色々な機器を試してみたくなります。
ですが、実際に借りる事が出来るWiMAX機器は、1人1台までとなっています。
また、一度WiMAXのレンタルサービスを利用すると、90日間は同サービスを利用出来ません

更に、試してみたい機器の在庫が無い場合もレンタル出来ません
こう言った縛りがある事を認識した上で、WiMAXのレンタルサービスを利用したいものです。

WiMAXをレンタルする上での決まり事

他に注意すべき点としては、WiMAXのレンタルサービスを申し込み時、パソコンのメールアドレスと携帯電話やPHSのメールアドレスの両方が必要です。
携帯電話やスマートフォンが無いと申し込みが出来ませんので、注意しましょう。

WiMAXのレンタルサービスを利用後は、アンケートに答える必要があります
こう言った一連の作業が面倒ですが、無料でWiMAXをレンタル出来るので、仕方が無いと割り切りましょう。

こう言う手間を掛けたくない方は、あなたがお住まいの地域の電波状況を確認後、思い切ってWiMAXの契約をした方が手っ取り早いです。

UQ WiMAX

WiMAX2+用モバイルルーター新機種HWD15発売!

読了までの目安時間:約 6分

HWD15が満を持して登場!

WiMAX2+用モバイルルーター新機種、HWD15が発売されました。
HWD14の後継機となるHWD15ですが、小型なサイズはそのままに、スマートなデザインとなりました。

HWD14とHWD15

でも、変更されたのは見た目だけではありません。
様々な機能が追加され、WiMAX2+用モバイルルーターの中でも、過去最高スペックのモバイルルーターとなりました。

これからWiMAX2+の契約を考えている方は、HWD15以外の選択肢は考えられません。
それ位、HWD15は名機種になる事間違いありません

これから、HWD15の能力について、一つ一つ解説して行きましょう。

HWD15は3つの通信モードも健在!

HWD14が発表された時、革新的となったのが3つの通信モードでした。

HWD14

速度制限の無いWiMAXを使った通信モードである、ノーリミットモード
高速通信が可能なWiMAX2+と、WiMAX2+に非対応のエリアではWiMAXを使用する通信モード、ハイスピードモード
高速通信が可能なWiMAX2+と、WiMAX2+に非対応のエリアでは、幅広いエリアで繋がるau 4G LTEを使用する通信モード、ハイスピードプラスエリアモード

3つの通信モード

この3つの通信モードを使用出来ると言う事で、HWD14は話題となりました

しかし、HWD14の後に発売されたWiMAX2+用モバイルルーターNAD11では、この3つの通信モードに非対応でした
WiMAX2+用モバイルルーターの新機種を待ち望んでいた人達は、大いに落胆したものです。

ですが、今回発売になったHWD15では、この3つの通信モードに対応しています
ですから、NAD11に落胆した方は勿論の事、これからWiMAX2+の契約を考えている方にとっても、HWD15は魅力的なモバイルルーターとなっているのです。

HWD15はWiMAXハイパワーにも対応!

NAD11の目玉だったWiMAXハイパワーと言う機能。
この機能は、WiMAXの電波が弱いエリアでのモバイルルーターの使用であっても、WiMAXの通信が安定する機能の事です。

NAD11

簡単に言えば、WiMAXの強化機能とでも思って頂ければ良いでしょう。
HWD15は、何と、WiMAXハイパワーに対応しています

HWD15が発売される前は、3つの通信モードが使えるHWD14か、WiMAXハイパワーに対応しているNAD11か・・・と言った点で、モバイルルーターの機種選びに迷っていたものです。
ですが、HWD15は両方に対応しているので、もう、機種選びに迷う必要も無いでしょう。

UQ WiMAX

HWD15はクレードルにも対応!

NAD11のもう一つの特徴が、クレードルに対応していると言う点でした。

クレードル

クレードルとは、充電台のようなもので、そこにモバイルルーターをセットする事で、充電をしながらWiMAX2+の通信を行う事が出来ます
また、クレードルにモバイルルーターをセットする事でアンテナの位置が地面から離れるので、若干、WiMAX2+の電波を受信しやすくなると言うメリットもありました。

そして更に、クレードルにはEthernetポートが取り付けられており、そこにLANケーブルを挿して、有線通信を行う事も出来ました
通常、モバイルルーターの通信は10台の機器までしか繋ぐ事が出来無いのですが、LANケーブルを使う事で、11台の機器を同時通信させる事も可能になります

そのクレードルなのですが、実は、HWD15もクレードルに対応しているのです。
ですから、HWD15をホームルーターとして、固定位置に設置する事も出来ます。

また、HWD15をクレードルにセットすると、ディスプレイの表示が横表示に切り替わります。
時計が大きく表示されるので、デジタル置き時計代わりにもなります

HWD15が置き時計代わりに

HWD15ではバッテリーが大容量に!

HWD14の後に発売されたNAD11は、バッテリー容量がHWD14よりも劣っていて、その点がとても気になっていました。

新機種であるHWD15はどうなのかと言うと、実は、HWD14よりも1時間20分もバッテリーの持ちが長くなりました。
つまり、10時間50分も連続通信を行う事が出来るようになりました。

これだけの長い時間使用出来るのですから、外出時にモバイルルーターを使用すると言う用途では、HWD15は十分にその目的を果たす事でしょう。

野外でインターネット

自宅ではクレードルにセットするので、それこそ、バッテリー容量は関係ありませんし。

HWD15は過去最高傑作!

以上、HWD15の能力について一つ一つ見て行きましたが、いかがでしたでしょうか?

HWD15は、WiMAX2+用モバイルルーターの中でも、最高傑作だと言えるでしょう。
正に、新機種と言っても恥ずかしくないほどの出来です。

HWD15

従来のモバイルルーターの機種に劣る部分がありませんから、これからWiMAX2+の契約を行う方は、迷わずHWD15を選択しましょう
HWD15は、きっと、あなたのお気に入りのモバイルルーターとなるハズです。

UQ WiMAX

UQ WiMAXサービスの通信速度はどれ位?実用上問題なく利用可能?

読了までの目安時間:約 8分

UQ WiMAXサービスの通信速度は実用レベルある?

「UQ WiMAXの通信速度ってどれ位?」
「使い勝手はどう?」

評判の高速無線通信サービスであるUQ WiMAXサービスですが、どれだけの通信スペックを持っているのか気になるところです。
UQ WiMAXで現在ラインナップ中のWiMAX端末で言うと、Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)が最速のWiMAX端末となっています。

Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)

Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)の通信スペックは、下り最大通信速度が通信速度は440Mbpsとなっています。
そして、上り最大通信速度は30Mbpsとなっています。

ただ、この数値はベストエフォート値ですから、実質はここまでの通信速度は出ません
とは言っても、実用レベルで必要な通信速度は10Mbps程度です。
ですので、Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)ならば全く問題なく、実用レベル以上の通信速度で通信を行う事が出来ます。

実用レベル以上の通信速度は出る

一応、UQ WiMAXよりも格安ですが、通信速度が遅いモバイルインターネットサービスもあります。
そう言うインターネットサービスだと、動画の読み込みが遅くてイライラしてしまいます。
ですので、実用レベル以上の通信速度は欲しいところです。

UQ WiMAXは、無線でありながらも実用レベル以上の通信速度でインターネットを利用する事が出来ます。
無線である事を忘れるほど快適なインターネット環境が手に入りますから、是非とも活用しましょう。

無線を忘れる使用感

まだ通信速度の遅いインターネット環境で我慢しているのですか?
それよりも、実用レベル以上で通信出来るUQ WiMAXサービスを導入しましょう。

Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)の通信速度の秘密とは?

ご紹介しているUQ WiMAXですが、最新WiMAX端末であるSpeed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)の通信速度の秘密は、4×4MIMOとキャリアアグリゲーションの融合にあります。

4×4MIMO技術とCA技術の融合

4×4MIMOとは、Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)に内蔵されている4本のアンテナを使って、WiMAX基地局と4回線分の同時通信を行う技術の事を指します。
従来は2×2MIMOで通信を行っていましたので、4×4MIMOによって従来の2倍の通信速度が出ます。

一方、キャリアアグリゲーションとは、2回線分の通信帯域を束ねる事によって、通信速度を2倍に引き上げる技術の事を指します。

キャリアアグリゲーション

つまり、4×4MIMOとキャリアアグリゲーションの融合によって、通信速度は4倍に引き上げられます。
ですから、Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)本来の下り最大通信速度は110Mbpsなのですが、それが440Mbpsに引き上げられているのです。

また、Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)は上り通信にもキャリアアグリゲーションを採用している点が強みの1つとなります。
と言うのも、この技術はモバイルルーター初の技術となるからです。

その結果、Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)の上り最大通信速度も2倍に引き上げられています。
ですから、Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)本来の上り最大通信速度は15Mbpsなのですが、それが30Mbpsに引き上げられているのです。

UQ WiMAX

UQ WiMAXの速度制限には要注意!

ご紹介しているように、Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)の下り最大通信速度は440Mbps上り最大通信速度は30Mbps出ます。
ですが、その通信速度を強制的に引き下げられてしまう場合があります。
それが、速度制限になります。

速度制限とは、ある一定の通信量以上の通信を行ったユーザーを対象に、通信速度を強制的に遅く規制する措置の事を指します。
通信速度が大幅に遅くなるので、ユーザーは半強制的にインターネットの利用を控えさせられる訳です。

強制的に通信速度が低下する

つまりは、速度制限に掛からない程度の通信量でUQ WiMAXサービスを利用するのがポイントとなります。
とは言っても、抑えるべきポイントはたったの2つとなります。

速度制限の規制が一部緩和されるUQ Flatツープラス ギガ放題プランに申し込む。
3日間の総通信量が10GBを超えないレベルで通信を行う。

とは言っても、10GBってどれ位なのかがイメージが湧かないと言う方もいるでしょう。
ですから、10GBをYoutube動画の再生時間に換算すると、以下の通りになります。

10GBの目安(Youtubeの視聴時間)
動画の画質 再生時間
超高画質 約7時間
高画質(HD) 約13時間
標準画質(SD) 約47時間
低画質 約83時間

この通信量を3日間で超えないように気を付ける事によって、速度制限を避ける事が出来ます。

WiMAX端末のWi-Fi設定による通信速度差にも注意!

実際、私がUQ WiMAXサービスを利用していて気になったのはWi-Fi設定です。

Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)は、2.4GHzと5GHzのWi-Fi設定を使い分ける事が出来る仕様になっています。
そして、それぞれのWi-Fi設定によって、通信速度に違いが出て来るのです。

Wi-Fi通信

通信速度が速いのは5GHzになります。
と言うのも、IEEE802.11n/2.4GHzとIEEE802.11ac/5GHzとでは約11.5倍もの通信速度の差があるのです。

そして、その差は実感レベルでも分かります
ですから、Wi-Fi設定は結構大事だったりするのです。

Wi-Fi設定で快適さが変わる

ただ、5GHzのWi-Fi設定に関しては、その使用が屋内に限られています
電波法によって決められていますので、この部分に関しては注意しましょう。

UQ WiMAXサービスに魅力的なキャンペーン特典も!

以上、UQ WiMAXサービスの通信速度についてご紹介しました。
色々な方面からの情報をご紹介しましたが、いかがでしたか?
恐らく、あなたがご存知でなかった部分の話もあったのではないでしょうか?

そんなUQ WiMAXサービスですが、申し込み時に商品券が貰えるキャンペーン特典が付いて来るのをご存知でしょうか?
なんと、期間限定で3,000円分のJCBギフトカードが貰えます。

商品券のプレゼント

面倒な手続きは不要で、申し込み者全員が貰えます。
UQ WiMAXサービスを申し込んだ住所宛てに、商品券が郵送されて来ます。
ですから、そう言う点でも魅力が大きなキャンペーン特典と言えます。

ただし、UQ WiMAXで商品券を貰う為には、キャンペーン期間内の申し込み手続きである必要があります。
ですので、UQ WiMAXに興味のある方は、キャンペーン期間内に申し込み手続きを行う必要があります。

キャンペーン期間内の申し込み手続きを

せっかくのキャンペーン特典ですから、その点にはくれぐれも注意しましょう。
そう言う理由から、いずれUQ WiMAXサービスをと思っているような方は、お早めの申し込み手続きをお勧めします。

UQ WiMAX

WiMAXと携帯電話を組み合わせる事は出来る?その際のメリットは?

読了までの目安時間:約 8分

WiMAXと携帯電話の組み合わせによって余裕をゲット

携帯電話でインターネットを利用しているユーザーにとって、月末になるとやって来る速度制限のイライラ感
そんな不便なインターネット環境を改善する事の出来るサービスとして、WiMAXサービスが知られています。

ですから、携帯電話ユーザーにとって、WiMAXと携帯電話の組み合わせは実際どうなのか、非常に気になる部分となります。

携帯電話とWiMAXとの組み合わせ

実際、私も携帯電話をメインにインターネットを利用していた時期があります。
そして、月末になると通信量が足らなくなってしまい、翌月になって速度制限が解除されるのを待つようなインターネット環境を過ごしていました。

そんな私も、WiMAXサービスを導入する事で、月々の通信量に余裕が出て来るようになりました。
その結果、快適なインターネット環境が手に入りました。

たっぷりとインターネットを楽しむ

あなたはまだ、携帯電話の厳しい速度制限に悩まされているのでしょうか?
それより、WiMAXを使ってたっぷりとインターネットを楽しんでみてはどうですか?

WiMAXサービスで利用出来る通信量は?

WiMAXサービスを導入する事によって何が変わるのかと言うと、携帯電話とWiMAXとをWi-FiテザリングやBluetoothテザリングで繋ぎ、WiMAXを通してインターネット通信を行う事が出来るようになります。
つまり、携帯電話で契約している分の通信量を消費する事なく、WiMAX側でインターネットの通信を行う事になります。

WiMAX通信とWi-Fiテザリング

そうなると気になって来るのが、WiMAXサービス側でどれだけ通信を行う事が出来るのかと言う部分でしょう。
WiMAXサービスには2種類の料金プランがあり、通信量の上限としては以下の通りになっています。

WiMAXサービスで利用出来る通信量の上限
料金プラン 1ヵ月 3日間
UQ Flatツープラスプラン 7GB 10GB
UQ Flatツープラス ギガ放題プラン 10GB

ちなみに、1ヵ月の通信量の上限を超えてしまった場合、月末までの通信速度が128Kbpsに制限されてしまいます。

一方、3日間の通信量が上限を超えた場合には、その翌々日の18時から翌2時に掛けての通信速度が概ね1Mbpsに制限されます。
ちなみにこの通信速度、パソコンでYoutubeの標準画質(SD)が再生出来る程度の通信速度になります。

ですから、携帯電話からであれば、この3日間の速度制限はほぼ影響ありません
また、パソコンからであっても適用される時間帯は限定的ですから、昼間は影響を受けません

速度制限の適用は夕方から夜中に掛けて

また、UQ Flatツープラス ギガ放題プランであれば1ヵ月の通信量の上限がありません
つまりは、携帯電話とWiMAXを繋いでインターネットを利用する分には、速度制限は気にする必要がないと言う事になります。

UQ WiMAX

WiMAXサービスに対応しているWiMAX端末は?

ご紹介しているWiMAXサービスですが、利用するには専用の端末が必要となります。

そんなWiMAX端末の種類は、以下の3種類になります。

Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)
WiMAX 2+通信よりも広い通信エリアに対応したau 4G LTE通信を搭載しているWiMAX端末。
Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)
4×4MIMOキャリアアグリゲーションと言う2つの技術によって、下り最大通信速度が440Mbps出る点が特徴となるWiMAX端末。
novas Home+CA
Wi-Fiで最大16台、LANケーブルで最大2台の機器を同時通信する事が出来るホームルーター型のWiMAX端末。

携帯電話を繋ぐ目的で考えた場合には、novas Home+CAは外に持ち出す事が出来ません
ですので、選択肢はSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)とで考えた方が良さそうです。

Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)

そして、サービスエリアマップを確認した際にWiMAX 2+に非対応のエリアでインターネットを利用する可能性がある方は、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を選択すると良いです。

一方、サービスエリアマップ内でしかインターネットを利用する予定がないと言う方であれば、通信速度の速いSpeed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)を選択した方が良いでしょう。

私が利用しているWiMAX端末は?

実際に私が利用しているのは、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)と言うWiMAX端末になります。
ですから、通信エリアの広さが強みのWiMAX端末となっています。

Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)

au 4G LTEを利用したハイスピードプラスエリアモードと言う通信モードですが、実際に何度か利用した事があります。
WiMAX 2+通信でもそれなりに広いエリアで繋がるのですが、山間部の山影に入ると、電波が届かないケースも出て来ます

と言うのも、WiMAX 2+通信の電波は障害物に弱いと言う性質を持っているからです。
ですから、山やビルなどがあると、電波が届かない場合が出て来るのです。

WiMAX 2+は障害物に弱い

一方、au 4G LTEは障害物に強い特徴を持っていますので、WiMAX 2+通信の電波が届かない場所であっても通信を行える可能性があります。
そう言った事から、実際WiMAX 2+通信が圏外表示されるような場所であっても、au 4G LTEが繋がると言う経験をしています。

WiMAXサービスをよりお得に利用する方法

以上、WiMAXと携帯電話との組み合わせについてご紹介しました。
WiMAX通信について詳しく見て行きましたが、いかがでしたか?

ご紹介したWiMAXサービスですが、UQ WiMAXで実施中のキャンペーンを利用する事で、よりお得にWiMAXサービスを導入する事が出来ます。
と言うのも、UQ WiMAXでWiMAXサービスの申し込み手続きを行うと、商品券が貰えるキャンペーンを行っているからです。

商品券のプレゼントキャンペーン

特に難しい手続きは不要で、申し込み者全員が商品券を貰う事が出来ます。
ですので、ぜひとも利用したいキャンペーン特典と言えます。

ただし、UQ WiMAXの商品券のプレゼントキャンペーンは期間限定のキャンペーン特典となっています。
ですので、利用したいとお思いの方はキャンペーン期間内での申し込み手続きが必要となります。

キャンペーン期間に要注意

期間が過ぎると貰えなくなってしまいますので、お早めの申し込み手続きをお勧めします。

UQ WiMAX

特徴別に確認!あなたにお勧めのWiMAX端末はどれ?

読了までの目安時間:約 7分

WiMAX端末選びは大事!

WiMAXサービスに対応しているWiMAX端末ですが、種類が数種類あります。
では、最新のWiMAX端末が全ての機能で勝っているのかと言うと、そうではありません

WiMAX端末にはいくつか種類が

ラインナップしている各WiMAX端末には、それぞれで特徴があります。
各WiMAX端末ごとに特化している機能がありますので、あなたの使用用途に沿った機能を持つWiMAX端末を選択するのが失敗しない為のコツとなります。
つまり、お勧めのWiMAX端末は、使用者によって変わって来ると言う事です。

各WiMAX端末の特徴を知らないまま適当にWiMAX端末を選んでしまうと、結果として宝の持ち腐れとなってしまいます。
ですので、きちんと特徴を把握した上で、WiMAX端末を選択したいものです。

あなたの使用用途に合ったWiMAX端末を

あなたの使用用途に沿ったWiMAX端末をきちんと選ぶ事で、あなたのインターネットライフはより利便性の高いものとなります
この記事が、あなたのインターネットライフを豊かにする為のお役に立てますように。

決め手は各WiMAX端末の特徴!

現在ラインナップされているWiMAX端末を選ぶ際、選ぶポイントとなるのは以下の3点となります。

  • 通信速度
  • 通信エリア
  • 同時通信数

それぞれの特徴をWiMAX端末の各機種に割り当てると、以下の通りになります。

通信速度
Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)
通信エリア
Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)
同時通信数
novas Home+CA

ですので、より速く通信を行いたいのか、それとも、広いエリアで通信を行いたいのか。
はたまた、一度に沢山の機器をインターネットに接続させたいのかでWiMAX端末を選ぶようにしましょう。

どんな用途で使うの?

残念ながら、全ての機能の良いとこ取りは出来ません
ですから、このWiMAX端末がお勧めで、これさえ選んでおけば問題ありません…と言うものはありません。

それを前提として、各WiMAX端末の中からこれぞと言う1台を選んで下さい。

UQ WiMAX

各WiMAX端末の特徴的な機能とは?

それでは、各WiMAX端末の特徴を、より詳しく見て行きましょう。

まずはSpeed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)ですが、4×4MIMOとキャリアアグリゲーションの同時使用が特徴的なWiMAX端末となります。
その結果、下り最大通信速度が440Mbpsも出ます。

Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)

ハイスピードモードでこの通信速度を出せると言うのが非常に画期的で、LTEオプション料も必要なければ、速度制限も厳しくない通信回線になります。
ですから、気兼ねなく高速通信を利用する事が出来ます。

続いてはSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)ですが、au 4G LTEを使用したハイスピードプラスエリアモードに対応している点が特徴的なWiMAX端末となります。
その結果、人口カバー率99%の広い通信エリアに対応する事が出来ます。

ハイスピードプラスエリアモードの利用には、LTEオプション料として月額1,005円の使用料が発生します。
ですが、auスマートバリューmineの申し込み者を対象に、このLTEオプション料が無料になる特典が新たに追加されました。
ですので、ハイスピードプラスエリアモードがより使いやすくなりました。

最後にnovas Home+CAですが、マルチSSIDと2つのEthernetポートに対応している点が特徴的なWiMAX端末となります。
その結果、無線で16台、有線で2台の機器を同時通信する事が出来ます。

novas Home+CA

2つのSSIDはそれぞれ5GHz2.4GHzのWi-Fiに対応している点が画期的で、用途で使い分ける事が出来ます。
電波干渉が起こり辛い5GHzと、汎用性の高い2.4GHzとで、それぞれ使い分けるようにしましょう。

このように、各WiMAX端末ごとに得意とする部分が異なります。
ご紹介した内容を参考に、しっかりと特徴を把握して下さい。

私が使っているWiMAX端末は?

では、私はどのWiMAX端末を使っているのかと言う話になるかと思いますが、私はSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を使用しています。
その理由ですが、人口カバー率99%のau 4G LTEがどんなものかが非常に気になったからです。

Speed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W03

実際使ってみてどうだったかと言う点ですが、WiMAX 2+が圏外表示されている場所でもau 4G LTEはアンテナが4本立っていました
勿論、サクサクインターネットが利用出来て、この機能の利便性を感じる事が出来ました。

ただ、100%どこでも繋がるのかと言うと、そんな事はありません。
山奥で試しにハイスピードプラスエリアモードを使ってみた訳ですが、圏外表示されてしまいました。

山間部では圏外表示される事も・・・

人口カバー率99%なので、人が住んでいない場所は対象外と言う事でしょうか。
とは言え、基本、人がいない場所でインターネットをする機会はそんなにありませんので、そこまで気にし過ぎる事もありません

人が住んでいるような場所であれば、大体繋がるのがau 4G LTEの強みです。
実際、WiMAX 2+が繋がらずに困るような場面では、大体au 4G LTEに助けられました。

WiMAX端末をお得に手に入れるには?

以上、あなたにぴったりのお勧めのWiMAX端末をと言う事で、それぞれのWiMAX端末の機種の特徴についてご紹介しました。
お気に入りのWiMAX端末は見付かりましたでしょうか?

ご紹介した内容を参考に、あなたにぴったりのWiMAX端末を見付けて下さい。

WiMAX端末

ちなみに、今ならWiMAX端末を格安価格で購入する事の出来るキャンペーン特典が付いて来ます。
ですので、キャンペーン期間中にぜひとも利用したいところです。

UQ WiMAX

ラインナップ中の各WiMAX 2+端末、選び方のポイントとは?

読了までの目安時間:約 7分

WiMAX 2+対応端末選びは、非常に重要なポイント!

「WiMAX 2+対応端末は、どの機種を選べば大丈夫?」

WiMAX 2+サービスを申し込む際に、対応端末の中から1台のWiMAX 2+端末を購入する必要があります。
ただ、ラインナップされている端末の機種が数種類ありますので、どのWiMAX 2+端末を選べば良いのか迷ってしまいます。

どのWiMAX端末がお勧め?

もしも適当に選んでしまうと、各WiMAX 2+端末に備わっている折角の機能を使いこなせないままに、そのままWiMAXサービスの契約期間を過ごしてしまう事になります。

ただ、利用した事もないWiMAX 2+サービスの対応端末をいきなり選べと言われても、正直、選ぶ基準が分かりません
私も経験ありますが、ラインナップ中の全WiMAX 2+端末がお勧めされているので、判断基準が分からずに戸惑いました。

全てがお勧めされている

WiMAX 2+端末を選ぶ際には、あなたの使用目的に合ったWiMAX 2+端末を選ぶのが重要となって来ます。
あなたの使用用途に合ったWiMAX端末を選ぶ事によって、より利便性の高いインターネット環境が手に入ります。

それでいて、どのWiMAX 2+端末を選んだとしても、同じ月額料金を支払い続ける形になります。
ですが、各WiMAX 2+端末によって得られるインターネット環境は変わって来ますから、WiMAX 2+端末選びは重要となって来ます。

WiMAX 2+端末によって環境が変わる

本当に、そのWiMAX 2+端末で大丈夫ですか?
もっとしっかりとあなたの用途に合ったWiMAX 2+端末を選んだ方が、後々良いのではないですか?

現在ラインナップ中のWiMAX 2+対応端末の特徴は?

現在ラインナップ中のWiMAX 2+対応端末は、全部で3種類となります。
それぞれの特徴としては、以下の通りになります。

Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)
人口カバー率99%のau 4G LTEに対応した広範囲をカバーするWiMAX 2+端末。
Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)
バッテリー消費を抑えたBluetoothテザリングに対応したWiMAX 2+端末。
novas Home+CA
5GHzと2.4GHzのWi-Fiを同時に利用する事が出来、無線で16台、有線で2台の機器の同時通信に対応するWiMAX 2+端末。

ですので、色々な場所から通信を行いたい方はSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を。
そして、長時間外でインターネットを利用する方はSpeed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)を。
家にWiMAX 2+端末を据え置きして、固定回線のように沢山の機器を同時通信させるような用途の方にはnovas Home+CAがお勧めとなります。

この部分を判断基準に、あなたの用途に合っているWiMAX 2+端末を選択しましょう。

UQ WiMAX

WiMAX 2+端末をより使いこなす為には?

ご紹介した各WiMAX 2+端末ですが、より利便性を高くする為には3つのポイントがあります。

ハイスピードモードとハイスピードプラスエリアモード
速度制限の規制が厳しくないハイスピードモードと、対応エリアの広いハイスピードプラスエリアモードの使い分け。
2.4GHzと5GHzのWi-Fi設定
汎用性の高い2.4GHzと、電波干渉の起こりにくい5GHzのWi-Fi設定の使い分け。
クレードルの有無
別売りのクレードルを購入する事で、WiMAX 2+端末が有線通信対応に。

クレードルで有線通信に対応

それぞれのWiMAX 2+端末によって、対応する項目と非対応の項目とがあります。
ですが、WiMAX 2+端末をより便利に利用する為には、この3点を使いこなすと良いです。

WiMAX 2+端末の省電力設定が便利!

私が利用しているWiMAX 2+端末は、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)です。
Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を利用していて良く使い分けている機能が、省電力設定になります。

省電力設定とは、WiMAX端末に搭載されているキャリアアグリゲーションの利用を調整して、バッテリー消費を調節する機能になります。
そして、キャリアアグリゲーションを利用して通信速度を重視させるハイパフォーマンス設定と、キャリアアグリゲーションを停止してバッテリー消費を極力抑えるバッテリーセーブ設定とがあります。
また、バッテリー残量が3割以下になると自動的にキャリアアグリゲーションの使用を停止するノーマル設定もあります。

WiMAX端末の設定

私がよく利用しているのはノーマル設定になります。
この機能があるお陰で、外出時間に応じて省電力設定を使い分ける事が出来ています。
非常に便利な設定ですから、前述した3つのポイントと合わせて、使い分けて欲しいと思います。

各WiMAX 2+端末代はいくら?

以上、WiMAX 2+端末の選び方と、搭載されている機能についてご紹介しました。
いかがでしたか?

そんなWiMAX 2+端末ですが、通常価格では20,000円もします。
また、クレードルセットともなると、22,750~23,565円もします。
この金額をWiMAX 2+サービス導入の際に支払うとなると、負担が大きくなってしまいます。

WiMAX端末代が掛かる

ですが、UQ WiMAXのキャンペーン特典を利用する事によって、WiMAX 2+端末代が割引き価格になります。
ですので、是非ともUQ WiMAXのキャンペーン特典を有効活用したいものです。

UQ WiMAXのWiMAX 2+端末代
WiMAX 2+端末の機種 WiMAX 2+端末代 クレードルセット時
Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34) 800円 2,800円
Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33) 2,800円 5,400円
novas Home+CA 2,800円

また、UQ WiMAXで取り扱っている各WiMAX 2+端末には数に限りがあります
売り切れた時点で選択出来なくなってしまいますので、その点にお気を付け下さい。

UQ WiMAX

UQワイマックスってどうなのか、その評価や評判のまとめ

読了までの目安時間:約 7分

UQワイマックスってどうなの?

UQワイマックスってどうなのか、その評価や評判についてご紹介します。
また、気になる対応が悪いかどうかなどの悪評、ブロードワイマックスとの違いについてもご紹介します。

まずは、UQワイマックスってどうなのか、その評価や評判についてご紹介します。

UQワイマックスの評判や評価

UQワイマックスとは、UQコミュニケーションズが運営しているワイマックスサービスの事を指します。
ワイマックスの基地局とワイマックス端末との間で無線通信を行なうサービスで、サービスエリア内であればどこでもインターネットが出来ると評価されています。

ワイマックス端末の性能は年々向上していて、下り最大通信速度が220Mbpsも出ると言う点が評判です。
これだけ通信速度が速いですから、無線通信と言えども、通信の快適性を保つ事が出来ています

また、UQワイマックスが評価を受けている一番のポイントは速度制限にあります。
モバイルインターネットサービスと言えば、速度制限が厳しい点が最大のネックとなっています。
ですが、UQワイマックスの速度制限は厳しくなく、そこが評判なのです。

また、速度制限時であっても、UQワイマックスのギガ放題プランであれば動画を観れる程度の通信速度は残されます
ですから、そう言う点がUQワイマックスの評価に繋がっています。

UQ WiMAX

UQワイマックスの対応や悪評は?

そんなUQワイマックスですが、気になって来るのが対応が悪いかどうかの部分でしょう。
ワイマックスサービスの契約期間は25ヵ月間もありますから、出来れば対応の悪い契約先は避けたい所です。

対応の悪い契約先は避けたい所

UQワイマックスはどうなのかと言うと、最も対応の良い契約先となります。
と言うのも、UQワイマックスはワイマックスサービスの提供元となっています。
ですから、トラブル時の対応が的確で早いのです。

他のプロバイダと契約を行った場合、間にプロバイダを経由する分、トラブル時の復旧対応までに時間が掛かってしまいます
トラブル時に待たされるストレスを考えると、UQワイマックスの対応は良いと言えます。

トラブル時の対応が安心

また、UQワイマックスに関する口コミサイトの書込みを読んでいると、通信が安定しないだとか通信速度が遅いだとか、そう言う悪評が書き込まれている事があります。
これらの悪評に関しては、一律に古い書込みだと断定出来ます。

冒頭でご紹介したように、ワイマックス端末の性能は年々向上しています。
また、ワイマックスの基地局の数も、年々増えています。
ですから、以前と比べ、ワイマックスの通信の安定性や通信速度は目まぐるしく良くなっているのです。

UQ WiMAX

UQワイマックスとブロードワイマックスの違いは?

ブロードワイマックスとは、UQコミュニケーションズと契約をしてワイマックスサービスを提供しているプロバイダの一つです。
ですから、UQワイマックスと比較してワイマックスサービスとしての質は全く同じです。
どちらの通信速度が速いだとか、どちらの通信エリアが広いだとか、そう言う差はありません。

UQワイマックスとブロードワイマックスの違いは?

では、UQワイマックスとブロードワイマックスの違いは何なのかと言うと、キャンペーン特典の内容サポート対応月額料金などに違いがあります。
ここは、各プロバイダごとの企業努力で差が出ます。

ざっくり説明すると、キャンペーン特典の内容で言えば、ブロードワイマックスの方がメリットは大きいです。
一方、サポート対応で言えば、UQワイマックスの方がメリットは大きいです。

ブロードワイマックスとUQワイマックスの魅力

ブロードワイマックスは、月額料金がUQワイマックスよりも大幅に安いです。
ですから、安くワイマックスサービスを利用する事が出来ます。

その代わり、ブロードワイマックスには高額な初期費用が必要となります。
最初に高額な初期費用を支払う代わりに、ずっと安くワイマックスサービスを利用する事が出来ると考えても良いでしょう。
ちなみに、契約から26ヵ月以降の月額料金で言えば、ブロードワイマックスが業界最安値となります。

非常に気になるブロードワイマックスの高額な初期費用ですが、実は、これが無料になるキャンペーンが行われています。
Web割と言うキャンペーンですが、Webフォームからクレジットカード払いでワイマックスの申し込みを行なう事で適用となります。

期間限定のキャンペーン特典となりますので、お早目にご利用なさるのをお勧めします。

Broad WiMAX

UQワイマックスはサポート対応が業界一!

前述しましたが、UQワイマックスはサポート対応が最も良いワイマックスの契約先となります。
ですので、ブロードワイマックスよりもサポート対応が良いです。

UQワイマックスとブロードワイマックスの電話対応

一例として、電話対応を比較してみましょう。

UQワイマックスの場合、お問い合せ先の電話番号はフリーダイヤルとなっています。
一方、ブロードワイマックスはナビダイヤルを採用しています。
ですから、ブロードワイマックスの場合、お問い合せの電話をする度、電話代はこちらが支払う事になります

電話代はこちら持ち

続いて、電話サポート対応の受付け日時を比較してみましょう。
UQワイマックスの場合、年中無休で9時から21時まで対応しています。
それに対し、ブロードワイマックスの場合、月曜日から土曜日の11時から18時までしか対応していません。

サポート対応時間外の場合、インターネットが繋がらない状態で待つしかありません
そのストレスを考えると、UQワイマックスの方が安心感があります。

いつでもお問い合せが出来る安心感

こう言った点を踏まえながら、ブロードワイマックスとUQワイマックス、どちらと契約を行なうかを検討すると良いでしょう。

ちなみに、UQワイマックスではキャンペーンサイトから申し込みを行なう事で商品券を貰う事が出来るキャンペーンを行っています。
UQワイマックスの契約を検討中の方は利用した方がお得ですから、キャンペーンサイトから申し込みを行いましょう

Broad WiMAX

UQワイマックスの評判を4つの視点から徹底解剖!

読了までの目安時間:約 8分

UQワイマックスの評判のポイントは速度制限!

UQワイマックスと言えば、4年連続お客様満足度No.1を誇るインターネットサービスです。

お客様満足度ナンバーワン!

元々は、速度制限のない唯一のモバイルインターネットサービスと言う事でサービスを展開。
当時は一人勝ちのような状態で、評判も良かったです。

ですが、2015年にUQワイマックスがWiMAX 2+回線に速度制限を実施
月間データ量による速度制限のないギガ放題プランが登場したものの、混雑回避の為の速度制限が厳しく、ユーザーからの反発が頻発しました。
サポートセンターに電話が繋がらないほどお問い合わせが殺到し、集団訴訟なんて話も話題に挙がっていました。

お問い合わせが繋がらない

UQワイマックスに対する悪い評判は、この頃に書かれたものが多いです。
書き込まれた日付けを確認すると、一目瞭然です。

ですが、混雑回避の為の速度制限に対する反発があまりにも多かった為、UQワイマックスは速度制限を緩和
ギガ放題プランで契約中のユーザーに対し、混雑回避の為の速度制限に掛かってしまった場合でも、動画が観れる程の通信速度は維持されるような対策が取られました。
その結果、UQワイマックスの速度制限はそれほど気にしなくても良いレベルとなり、評判も良くなって来ています。

動画の観れる通信速度

モバイルインターネットサービスと言えば、速度制限が最大のネックとなります。
ですから、速度制限の緩いUQワイマックスに、注目が集まっている訳です。

UQ WiMAX

UQワイマックスは引越し組に評判!

色々な方に利便性を感じて貰う事が出来るUQワイマックスですが、特にその恩恵を受けるのが引越しを頻繁に行なう方です。
と言うのも、UQワイマックスは無線を使ったインターネット回線なので、様々なメリットが出て来るのです。

引越しに便利なUQワイマックス

まず、光インターネットのインフラが行き届いていないエリアへの引越しであっても、UQワイマックスなら問題ありません
そもそも、光ファイバーは使用しないからです。
また、インターネットの整備されていない建物も同様、UQワイマックスなら関係ありません

UQワイマックスなら、回線工事は必要ありません
つまり、入居先の大家の許可は不要です。
また、回線工事がありませんので、工事日の立ち会いを心配する必要もありません。

回線工事不要

更に、回線工事がないと言う事は、回線工事費は発生しません
つまり、その分だけ安くインターネットを利用する事が出来るのです。

UQワイマックスはケーブルを使用しませんから、持ち運びも楽です。
引越しの際も、ポケットサイズのワイマックス端末を持ち運ぶだけです。

ケーブルを使用しない為、ケーブルの断線と言った故障のリスクもありません

こう言った諸々のメリットがあるので、UQワイマックスは引越し組に特に評判なのです。

UQワイマックスの契約先として評判なのは?

そんなUQワイマックスサービスですが、提供先はいくつかあります。
UQワイマックスサービス提供元となるUQコミュニケーションズが直接管理しているUQワイマックス
そして、UQコミュニケーションズから許可を貰ってUQワイマックスサービスを販売しているプロバイダ代理店家電量販店などなど。

UQワイマックスの契約先は様々

ちなみに、各契約先によって異なるキャンペーンが行われています。
となると、どこと契約を行なうのが良いのか、それが気になって来る所でしょう。
各キャンペーンの評判を確認すると、結局はUQワイマックスがベストと言えます。

と言うのも、UQワイマックスなら早く確実に貰える商品券のプレゼントキャンペーンを行っているからです。
具体的には、契約翌月末日までに、JCBギフトカードが郵送されて来ます

商品券のプレゼント

UQワイマックスよりも高額な現金キャッシュバックキャンペーンを行っている契約先は、沢山存在します。
にも関わらず、なぜUQワイマックスなのか。
その理由は、安心感にあります。

現金キャッシュバックの場合、郵送が出来ません。
受け渡し方法としては、銀行振り込みと言う手段となります。
その際に、振り込み先となる銀行口座番号の登録手続きが必要となって来ます。

銀行口座番号の登録手続き

うっかり手続きを忘れてしまったり、登録した口座番号にミスがあると、キャッシュバックは貰えなくなってしまいます
実際、キャッシュバックキャンペーンと名の付くものできちんとキャッシュバックを貰えている人数は、全体の6割を切ると言われています。

また、キャッシュバックの金額が高額になればなる程、銀行口座番号の登録手続きが可能となるまでの時期が遅くなる傾向にあります。
と言うのも、キャッシュバックが高額になる程、長くユーザーにサービスを利用して貰い、元を取る必要性が出て来るからです。
つまり、キャッシュバックの金額に応じ、手続き忘れのリスクが高まると言う事になります。

キャッシュバックの貰い忘れ

そう言った理由から、UQワイマックスのキャンペーンが評判なのです。
UQワイマックスサービスに対する口コミサイトの記事を読んでいると、UQワイマックスサービスそのものに対するものより、キャッシュバックが貰えなかった事に対する批判が多い事、多い事。
貰えるはずのものが貰えずイライラする位なら、確実に貰えるUQワイマックスを選択するのは自然な流れと言えるでしょう。

UQワイマックスはサポート体制が評判

UQワイマックスのキャンペーン内容に対する評判をご紹介しました。
ですが、UQワイマックスが最も評判を集めている要因はユーザーサポート体制です。
と言うのも、UQワイマックスはUQワイマックスサービスの提供元と言う事で、最も適切でスムーズな対応を取って貰う事が出来るからです。

UQワイマックスの安心のサポート体制

他の契約先の場合、間でプロバイダなどを経由する分、対応が遅くなります。
ワイマックス端末が故障して使用出来ない状態で何日も待たされるのは、相当なストレスとなります。
そう考えると、UQワイマックスを選択するのがベストと言えるでしょう。

また、サポートセンターの対応時間も、UQワイマックスの対応時間が最長となっています。
年中無休で、9時から21時まで対応して貰えます。
一方、土日祝日を除く10時から18時までしか対応していない所もありますので、その点は注意が必要となります。

しっかりとしたサポート体制

つまり、評判のUQワイマックスサービスの中でも、安心感で評判なのがUQワイマックスと言えます。
そんなUQワイマックスですが、キャンペーンサイトからの申し込み者限定の魅力的なキャンペーンが行われています。
詳しいキャンペーン特典に関しては、下記キャンペーンサイトにてご確認下さい。

UQ WiMAX

Speed Wi-Fi NEXT WX01のディープブルー&パールホワイト

読了までの目安時間:約 5分

4×4 MIMOとは?

新発売されたSpeed Wi-Fi NEXT WX01ですが、ディープブルーパールホワイトメタリックレッドの3種類のバリエーションがあります。

Speed Wi-Fi NEXT WX01

Speed Wi-Fi NEXT WX01の目玉となるのが、通信速度です。
4×4 MIMOと言う独自の技術を採用していますので、通信速度が最大で220Mbpsも出るのです。

4×4 MIMOとは、Speed Wi-Fi NEXT WX01と基地局側とで4回線の同時通信を行う技術の事です。
その結果、高速な通信速度を確保する事が出来ます。

快適な通信速度

220Mbpsと聞いてもピンと来ない方もいるでしょうが、従来のWiMAX端末の通信速度の2倍光回線の2倍以上の通信速度を出す事が出来ます。
つまり、通信速度でストレスを感じたくないと言う方にとって、ベストなWiMAX端末と言えるでしょう。

より具体的な情報に関しては、UQ WiMAXのオフィシャルサイトにてご確認下さい。

UQ WiMAX

ハイパフォーマンスモードと省電力モード

Speed Wi-Fi NEXT WX01には、ハイパフォーマンスモード省電力モードとがあります。
それぞれの違いに関してですが、WiMAX 2+の通信方式にあります。

ハイパフォーマンスモードを使用すると、WiMAX 2+の通信速度が最大で220Mbps出ます。
その名の通り、より速い通信速度が求められる状況においてベストな通信モードと言えるでしょう。
電源を確保出来る場所でSpeed Wi-Fi NEXT WX01を使用する際に使用したいモードです。

電源確保出来る場所でインターネット

省電力モードは、省電力モード設定の画面で設定する事が出来ます。
省電力モードを使用すると、WiMAX 2+の通信速度が最大で110Mbpsに下がります。
ただし、Speed Wi-Fi NEXT WX01のバッテリーの持続時間が長くなりますので、電源を確保できない場所でSpeed Wi-Fi NEXT WX01を使用する際に使用したいモードです。

IEEE802.11ac/5GHzとは?

Speed Wi-Fi NEXT WX01は、Wi-Fiの通信規格としてIEEE802.11ac/5GHzを採用しています。
IEEE802.11ac/5GHzは最新のWi-Fi規格で、従来の11.5倍の通信速度が出ます。

従来の11.5倍の通信速度

通信エリアも従来のものより広いですから、例えば、Speed Wi-Fi NEXT WX01を1階に設置した状態で3階でPCを使用するなどの使用方法も可能です。

また、IEEE802.11ac/5GHzは他の電波の干渉を受け辛いと言う特徴を持っていますから、無線としての安定性も高いです。

Bluetoothとは?

Speed Wi-Fi NEXT WX01は、Bluetoothのテザリングに対応している点も特徴の一つです。
Wi-Fiとの違いですが、Bluetoothの方が省電力ですから、Speed Wi-Fi NEXT WX01のバッテリーの持続時間を伸ばす事が出来ます

Bluetooth

ただし、欠点もあります。
Wi-Fiの場合は、Speed Wi-Fi NEXT WX01は最大10台までの通信機器を同時通信させる事が出来ます。
ですが、Bluetoothのテザリングを使用した場合、Speed Wi-Fi NEXT WX01は最大で7台までの通信機器しか同時通信させる事は出来ません。

つまり、何台の通信機器を接続するかによって、Wi-FiかBluetoothかを選ぶと良いでしょう。

クレードルとは?

Speed Wi-Fi NEXT WX01はクレードルに対応しています。
クレードルとは、充電台の事です。
Speed Wi-Fi NEXT WX01の充電状態を維持する事が出来ますので、バッテリーを気にしなくて良くなります

また、クレードルがあればSpeed Wi-Fi NEXT WX01を有線通信に対応させる事が出来ます
通信状態を安定させる事が出来ますし、Wi-Fiやテザリングに非対応の機器をインターネットに接続させる事も可能です。

有線通信

色々と利用の幅が広がりますので、別売り扱いになっているとは言え、Speed Wi-Fi NEXT WX01はクレードルとのセット販売されている方を購入したいものです。

Speed Wi-Fi NEXT WX01の購入は、UQ WiMAXのオフィシャルサイトにて行って下さい。

UQ WiMAX

1 2 3 9
安心・安定のUQ WiMAX

UQ WiMAX

いらっしゃいませ
新着記事
カテゴリー
SNSボタン
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
RSSを購読

RSS Feed RSS - 投稿

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

3人の購読者に加わりましょう

注意事項

※日付の古い記事に関しては、現状と内容が異なる場合があります。必ず、公式サイトにて現状をご確認下さい。

UQ WiMAX