ocn光 転用 デメリット

ジェイ・コミュニケーションのキャッシュバックがより貰いやすく

OCN光への転用時、気になるデメリットは?

読了までの目安時間:約 8分

OCN光への転用時、気になるデメリットは?

OCN光への転用。デメリットはある?

フレッツ光を利用中の方がOCN光に契約変更する事で、通信費を抑える事が可能です。
転用、または、光コラボレーションと言われたりしますが、OCN光への転用時、気になるデメリットについてご紹介します。

後述しますが、OCN光への転用を行う事で、様々なメリットがあります。
では、逆に、デメリットは何かあるのでしょうか?

実は、基本的にデメリットはありません。
それもそのはず。
デメリットがあるのであれば、わざわざ手間を掛けて転用を行う人はいませんから。

デメリットはありませんが、注意点と言うレベルで言えば、いくつかポイントとなる部分はあります。
ポイントを箇条書きすると、以下の通りです。

    OCN光への転用時の注意点
  • スマートフォンとのセット割引きが無い。
  • 再びフレッツ光に戻すには、解約が必要となる。
  • プロバイダの違約金に注意が必要。
  • 未払い分の工事費に注意が必要。

auひかりの場合、auスマートバリューと言うキャンペーン特典によって、スマートフォンの月額料金が割引き対象となります。
一方、OCN光には、その様なキャンペーン特典がありません。

但し、OCN モバイル ONEと言うオプションが付いていて、格安SIMを利用する事が可能です。
これを携帯端末に差し込む事で、格安料金で利用する事が出来ます。

OCN モバイル ONEの月額料金
SIMの種類 月額料金
データ専用SIM 900円~
音声対応SIM 1,600円~

フレッツ光からOCN光へ転用すると、再びフレッツ光に戻す事は出来ません。
とは言え、通信費を抑える為に転用を行ったのに、再び戻す人はいませんよね・・・。

フレッツ光からOCN光へ転用すると、フレッツ光の契約を行ったプロバイダとの契約も解約となります。
その際に注意が必要なのが、契約更新月です。

プロバイダとの契約内容によっては、契約更新月以外で解約手続きを行うと、プロバイダの違約金が発生する事があります。
ですから、場合によっては、転用によって、却ってお金が掛かってしまう場合もあります。

インターネット回線を開通する際、工事費が必要となります。
その工事費ですが、インターネットの月額料金に上乗せする形で、分割払いを行っています。

OCN光へ転用を行う際にフレッツ光の工事費の未払い分が残っていた場合、残債分はOCNへの支払いに引き継がれます。
ですから、思っていたよりも月額料金の請求額が高額になる場合もあります。

以上が、フレッツ光からOCN光へ転用を行う際の注意点です。
ごく当たり前の事ですし、デメリットと言う程の事ではありません。

フレッツ光からOCN光へ転用する事で得られるメリットを考えれば、どうと言う事もありません。
ですから、デメリットは何かあるのだろうかと不安になっていた方は、安心して手続きを進めて頂ければと思います。

↓OCN光への転用はこちら↓
OCN光への転用

OCN光への転用。メリットは?

冒頭で、OCN光への転用を行う際のデメリットについて説明しました。
今度は、OCN光への転用を行う際のメリットについて説明したいと思います。

メリットを箇条書きすると、以下の通りです。

    OCN光への転用を行う事によるメリット
  • フレッツ光と契約を続けるよりも、月額料金が安くなる。
  • 光コラボレーションの中でも、OCN光の月額料金はトップクラスで安い。
  • 工事費不要で転用可能。
  • 転用時の事務手数料が不要。
  • フレッツ光の違約金が不要。
  • フレッツ光のオプションをそのまま引き継げる。

また、OCNは安心のNTT系列のプロバイダです。
ですから、故障やトラブル等の際にも、安心したユーザーサポートを受ける事が出来ます。

そう言った安心感も、大きなメリットと言えるのでは無いでしょうか?

OCN光とフレッツ光の月額料金、どれだけ違う?

OCN光への転用を行う事によるメリットとして、月額料金が安くなるとご紹介しました。
実際、どれだけ安くなるのかと言うと、以下の通りとなります。

OCN光とフレッツ光の月額料金例
契約種別 フレッツ光 OCN光
戸建て 4,700円+1,000円(A社のプロバイダ料) 4,650円
マンション 3,950円+900円(A社のプロバイダ料) 3,450円

1ヵ月間の差額はそれ程でも無くても、毎月これだけの差額が積み重なります。
ですから、結果的に、お得感が大きく異なります。

転用と新規の月額料金、どれだけ違う?

続いて、OCN光の新規と転用の月額料金の差についてご紹介したいと思います。

新規と転用の月額料金の差
契約種別 新規 転用
戸建て 5,100円 4,650円
マンション 3,600円 3,450円

この表は、2年自動更新型割引早期お申し込み割引キャンペーンを適用した場合の月額料金です。
また、転用の割引期間は12ヵ月間で、13ヵ月目以降は新規と同じ月額料金になります。

事務手数料と新規開通工事費

OCN光の新規契約の場合は、月額料金とは別に、事務手数料の3,000円と、新規開通工事費が必要となります。
新規開通工事費は、戸建てで18,000円、マンションで15,000円必要となります。
新規開通工事費は、30回の分割払いで、月額料金に上乗せする事も可能です。

一方、転用の場合は、事務手数料も新規開通工事費も必要ありません。
ですから、転用と言う制度を利用する事で、低負担でOCN光へ移行する事が可能です。

詳細は、OCN光のサイトにてご確認下さい。

↓OCN光への転用はこちら↓
OCN光への転用

※当サイトでご紹介している情報の中には、毎月、大幅に内容が変更されるものもございます。その関係上、記事の情報の正確性は保証出来かねます。正確性の高い情報に関しましては、最新記事をご覧頂くか、公式サイトにてご確認下さい。

この記事に関連する記事一覧

WiMAXお勧めのプロバイダーベスト3

GMOとくとくBB WiMAX 2+

GMOとくとくBB WiMAX 2+GMOとくとくBB WiMAX

クレードルセットで高額キャッシュバック!

GMOとくとくBB WiMAX 2+は、圧倒的に高額なキャッシュバックが貰えるプロバイダーです!
WiMAX端末のクレードルセットが貰えるプロバイダーの中で、最もキャッシュバックの金額が高いプロバイダーです。

UQ WiMAX

UQ WiMAX

サポート体制も安心のUQ WiMAXで!

WiMAX回線を管理するUQコミュニケーションズが運用している、UQ WiMAX。
トラブル時のお問い合せサポート体制が、最もしっかりしています。
安心感で選ぶなら、UQ WiMAXが一番です。

RaCoupon WiMAX 2+

RaCoupon WiMAX

月額料金が圧倒的に安いのはRaCoupon WiMAX 2+!

RaCoupon WiMAX 2+は、月額料金が圧倒的に安いプロバイダーです。
最も少ない通信費でWiMAXサービスを利用したい方にとって、お勧めのプロバイダーと言えます。


GMOとくとくBB WiMAX 2+

安心・安定のUQ WiMAX

UQ WiMAX

いらっしゃいませ
新着記事
カテゴリー
SNSボタン
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
RSSを購読

RSS Feed RSS - 投稿

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

4人の購読者に加わりましょう

注意事項

※日付の古い記事に関しては、現状と内容が異なる場合があります。必ず、公式サイトにて現状をご確認下さい。

UQ WiMAX